意外と知らない!?

オリンピックの起源や中止になった歴史に迫る!

公開日:2021/12/08

0

2021年は東京2020オリンピックが開催。メダルラッシュに日本中が沸きました。世界中で開催されるオリンピックですが、その起源をご存じでしょうか? 今回は、オリンピックのルーツと、かつて中止になった過去などその歴史を振り返ってみましょう。

オリンピックの起源や中止になった歴史に迫る!

オリンピックの起源

オリンピックの起源

オリンピックは、紀元前776年古代ギリシャで開催された古代オリンピックがルーツだとされています。ですが、当時は、現在の世界平和を願ったスポーツの祭典といった意味合いではなく、神々を崇めるための宗教的なギリシャ人に限定した行事だったそうです。

この古代オリンピック時代は、紀元前728年の第13回大会までは、約191mのコースを走る「競走」1種目のみでした。第14回大会には中距離競走、第15回大会には長距離競走、第18回大会には、短距離競走、幅跳び、円盤投げ、やり投げ、レスリングの5種目を一人で行う5種競技も行われるなど、徐々に種目が増え、より大きな祭典へ成長していきました。

やがて、ギリシャはローマ帝国に支配される歴史をたどり、古代オリンピックは393年の第293回で終焉を迎えました。

近代オリンピックの発展

近代オリンピックの発展

そして、現代のような近代オリンピックが開催されたのは、1896年ギリシャのアテネ。パンアテナイ競技場に5万人の観衆が集結し、開会式が行われました。参加国は欧米先進国の14か国で、出場した選手は男性のみ280人でした。

このときの競技は、陸上、水泳、体操、レスリング、フェンシング、射撃、自転車、テニスの8競技43種目でした。また、女性は、第2回パリ大会から選手として参加しています。

こうして、参加国も増え、世界中の人々が参加するよう発展してきた近代オリンピックですが、2020年開催されるはずだった東京2020オリンピックは、新型コロナウイルスの影響で、まさかの延期となり、2021年に開催されました。参加したのは206の国と地域、参加人数は1万1417人でした。

ところで、日本では、未曽有の状況ながらも、1年遅れて無事に開催されましたが、過去にオリンピックが中止になったことをご存じでしょうか。

オリンピックの中止は過去に5回!

オリンピックの中止は過去に5回!

実は、オリンピックが延期になったのは、東京2020オリンピックが初めてのこと。中止になったのは、今まで合計5回で、夏季大会が3回、冬季大会が2回ありました。

1916年(夏季)第6回ベルリン大会

夏季オリンピックが初めて中止となったのは、第一次世界大戦による1916年の第6回ベルリン大会。1914年から1918年のおよそ4年半にわたる戦争は、ヨーロッパが主戦場でした。

1940年(夏季)第12回東京大会・1940年(冬季)札幌大会

次に中止となったのは、1940(昭和15)年の第12回東京大会です。準備期間中に日中戦争(1937年~1945年)が始まってしまい、開催地として適さないと国内外の反対の声が上がるように……。それに応えるように、日本は辞退を申し出ることになってしまったのです。

こうして、「幻の東京オリンピック」と言われた第12回大会は、開催場所を東京からヘルシンキに。ですが、ソ連によるフィンランド侵攻によりまたもや中止になってしまいました。同じく1940年に開催予定だった札幌冬季大会も中止となりました。

1944年(夏季)第13回ロンドン大会・1944年(冬季)コルチナ・ダンペッツォ大会

さらに、1944年の第13回ロンドン大会も第二次世界大戦(1939年~1945年)によって中止に追い込まれてしまいました。また、同様の理由で1944年にイタリアで予定されていたコルチナ・ダンペッツォ冬季大会も中止となりました。

オリンピックが世界情勢によって開催されなかったのは、残念の一言。とはいえ、オリンピックの本来のテーマ「平和の祭典」に則って、世界が平和だからこそ開催できるし、観客も心から楽しめるもの。将来のオリンピックが続くことを祈ります。

 

■もっと知りたい■

参照記事:オリンピックの起源とは?公開日:2019/10/25
参照記事:オリンピックが中止になったことってあるの?公開日:2020/05/05

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ