乗り放題切符で楽しむ旅(後編)

10駅もの「秘境駅」を気軽に巡れる!飯田線秘境駅号

公開日:2019/12/19

更新日:2019/12/20

51
会員限定

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、気軽に行ける1泊2日の女性ひとり旅をご紹介。今回は、飯田線で長野県の秘境駅を巡ります。秘境駅は電車の本数が少なく、あまり多くの駅を回れないもの。でも、お得な切符があるんです。

10駅もの「秘境駅」を気軽に巡れる!飯田線秘境駅号

秘境駅の宝庫「飯田線」で、短時間で効率よく回るなら

飯田線は、愛知県の豊橋駅から静岡県を通り、長野県の辰野駅までを結ぶ路線。各駅停車で94駅、200㎞近くを乗り通すのに6時間かかります。そしてこの路線は人里離れた山奥などに位置する「秘境駅」の宝庫。

しかし飯田線で秘境駅巡りをするとなると、次の列車まで常に2〜3時間待つはめに。ところが効率よく回る方法があるのです。

ブラックサンダーとあん巻きがコラボした「ブラックサンダーあん巻き」
ブラックサンダーとあん巻きがコラボした「ブラックサンダーあん巻き」

まずは朝のおめざ。昨夜買っておいた「ブラックサンダーあん巻き」をいただきます。


全国的に有名なお菓子「ブラックサンダー」は豊橋市のメーカーで作られています。そして「あん巻き」は愛知県三河地方の和菓子。あんこではなく、チョコとブラックサンダーのザクザク感が、もっちりとした皮ととても合っています。

千代駅停車中の飯田線秘境駅号
千代駅停車中の飯田線秘境駅号

さて、今回乗車するのは「飯田線秘境駅号」。人気のある秘境駅10駅に数分〜数十分停車してくれるので、お手軽に回れてしまう列車です。春と秋の行楽シーズンに臨時運行される急行列車ですが、大人気なのでチケット入手がなかなか難しく、私もキャセル待ちをしてようやく取ることができました。下りは豊橋駅を9時50分に出発し、飯田駅に15時30分に到着という、なかなかの長旅です。

豊橋駅ホームでのお見送り
豊橋駅ホームでのお見送り

秘境駅号は車内販売がないので、駅構内にある「壺屋」で駅弁を購入しておきます。飲み物も忘れずに。駅にはお見送りしてくださる駅員さんたちがずらり。発車後も、沿線から駅員さんたちが大勢お見送りしてくれました。秘境という言葉に、期待感が高まります。

オリジナルの記念品がいろいろもらえる!

(左)ひとりひとりに乗車証を配ってくれる(右)秘境駅10駅の説明が細かく書かれた見どころMAPと立体カードになっている記念乗車証
(左)ひとりひとりに乗車証を配ってくれる(右)秘境駅10駅の説明が細かく書かれた見どころMAPと立体カードになっている記念乗車証

まずは乗客全員に、記念乗車証と見どころMAPが配られました。下調べをおそろかにしていたので、大変助かります。そして車内アナウンス。「秘境駅はその名の通り、乗り遅れると3時間以上空く場合がございます。人数確認は行いませんので自己責任で……」など、クスッと笑える内容に、車内全体がなごみました。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ