白髪染めをやめようか迷ったら

グレイヘアを目指すあなたへプロのアドバイス

雑誌「ハルメク」

今、黒髪と白髪が美しくまじった髪は、憧れを込めて「グレイヘア」と呼ばれています。白髪染めをやめて、実際にグレイヘアにしよう!と決めたら、美容室ではどうすればいいの? ご自身もグレイヘアの美容師、HEAVENS代表の小松敦さんに聞きました。

【目次】
  1. Q.誰でも草笛光子さんのようなきれいな白髪になれますか?
  2. Q.美容室ではどんなふうに相談するといいですか?
  3. Q.グレイヘアに似合う髪形はありますか?

Q.誰でも草笛光子さんのようなきれいな白髪になれますか?

A.実はあんなに真っ白になるケースは珍しいんです。でも、染め色で作ることができます。

日本人の8割が、真っ白ではなく黄色みが出るタイプ。ですから草笛さんのような真っ白な髪は、美容室で作る必要があります。青紫色のアッシュ系と呼ばれる酸性カラー(ヘアマニキュア)を使うと、真っ白に見えます。

Q.美容室ではどんなふうに相談するといいですか?

A.「こうなりたい」というイメージを伝えてください。最新の技術で、美しく移行する方法を考えます。

美しいグレイヘアにするためには、正直、時間がかかります。自然に任せてもいいのですが、プロの美容師が関わることで、移行期間も美しくいられます。「こうなりたい」というイメージを伝えましょう。グレイヘアは今、若い人も憧れるトレンドです。白髪が気になる人は、真っ黒に濃く染めるのではなく、明るい色の白髪染めを使い、髪全体の明度を上げると、移行期も美しく楽しめます。また、ハイライトとローライトを入れ、髪に立体感を出し、自然に白髪と黒髪がまじった状態を作る方法もあります。

Q.グレイヘアに似合う髪形はありますか?

A. 移行中はケアが重要。軽やかなボブなら手入れしやすいですよ

美しいボブをベースに軽やかさが出るようカットすると、手入れもしやすくていいと思います。肌の老化を気にする方は多いのですが、髪色や髪形のケアをした方が若々しく見えます。ぜひ、髪色も髪形も美容室にご相談ください。"


教えてくれた人

HEAVENS代表
小松 敦(こまつ・あつし)さん
美容師歴37年。1993年、渋谷にヘアサロンを設立。自身も40代で白髪が増え、50代で真っ白のヘアに移行。おしゃれマダムたちからの支持も厚い。
HEAVENS
東京都渋谷区神宮前5-12-10-1F
03-5469-8864
http://www.heavens.co.jp/

 

取材・文=田渕あゆみ(ハルメク編集部)、清水麻子

※この記事は、雑誌「ハルメク」2017年2月号に掲載された『白髪染めをやめる かっこいい憧れグレイヘアへの道』を再編集、掲載しています。


■グレイヘア関連記事はこちら

かっこいいグレイヘアスタイル-2018秋冬カタログ

おしゃれな白髪がトレードマークの美容家
川邉サチコさんのインタビュー「自分を律するおしゃれと習慣」

白髪を生かすかっこいいいグレイヘアの作り方(1)

白髪を生かすかっこいいグレイヘアの作り方(2)

50代からのすてきな白髪との付き合い方

グレイヘア、ぺたんこ髪対策など50代からのヘアスタイルジャンルTOP

見た目年齢マイナス5歳! 50代からのメイク術とは?メイクジャンルTOP

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ