リンパケアの達人!木村友泉さんの美肌レッスン

マスクで顔が老ける!?顔たるみ解消スッキリ術

公開日:2022.05.25

更新日:2022.07.04

リンパケアの達人・木村友泉さんが「マスクこり解消術」を紹介します。マスクが長時間触れるだけで硬くなる目もと・口もとの筋肉。リンパが流れれば、しわ・たるみもスッキリ!ほぐせば、ハリ感も変わるんです。

奇跡の62歳木村友泉さんが「マスクこり」対処法を伝授

リンパケアインストラクターとして「ハルメク」本誌でも人気の木村友泉さん。「マスク生活が長引く中、顔の筋肉がこっている人が増えています。マスクが当たる頬骨の上をつまむと、痛みがありませんか? それは毎日のマスクで顔の筋膜が癒着し硬くなり、リンパの流れが悪くなっている証拠。放っておくと、たるみやハリ不足などが進行します。

骨振動をすれば、ごく弱い力でコリはほぐせます。化粧品をつけながらでもOK。リンパの流れがよくなると化粧品の浸透もよくなり、お手入れも最小限ですみます」(木村さん)

要注意!つまんで痛いなら「マスクこり」で顔たるみが進行中

長時間マスクをつけていると、マスクのワイヤーで押さえつけられる部分の筋膜が癒着し、リンパの流れが滞り、目の下のしわも、ほうれい線も深くなってしまいかねません……。

次からは、木村友泉さん直伝「マスクこりほぐし」のやり方を解説します。

【マスクこりほぐし1】ゆらす(約10秒)

口を開き、下あごに両手をあててやさしく振動を加えます。手のひらを動かすのではなく、ひじを揺らすのがポイント。硬くなった筋肉がほぐれます。顔の中心から耳の脇まで、3か所に分けて繰り返します。

【マスクこりほぐし2】つまむ(3か所1回ずつ)

親指と人差し指でマスク上部があたる場所をつまみ、上下と左右に動かし、最後に円を描くようにお肉を回します。肌はこすらないように。「タテタテ・ヨコヨコ・マル描いてチョン!と覚えて」(木村さん)

【マスクこりほぐし3】もう一度ゆらす(1か所1回)

鼻のつけ根を指で挟み、頬と同じ要領で動かします。

ハルメク読者がトライ!マスクこりほぐしの効果は?

加藤真子さん(51歳・東京都)

ハルメク読者の加藤真子さん「マスクこりほぐしを試したところ、マリオネットラインが消えてフェイスラインがすっきり! くすみも目立たなくなりました」

【Before】口もとのたるみがお悩み

「マスク生活であまり口を動かさないからか、口もとのたるみが気になる毎日」(加藤さん)

【After】頬の位置が上がり、顎のラインがスッキリ

頬の位置が上がり、顎のラインがスッキリ。「まぶたのむくみも解消し視界が広がりました!」(加藤さん)

マスクこりほぐしを教えてくれたのは?

木村友泉(きむらゆみ)

1959年富山県生まれ。「LHJ(ライフ&ヘルス ジョイ)」代表。富山大学薬学部卒業。薬剤師として勤務するも薬での治療に限界を感じ、リンパケアインストラクターの道を進む。講演会や執筆など精力的にリンパケアの啓蒙に努めている。

■もっと知りたい■
朝3分で顔たるみ解消! 木村友泉の最強リフトアップ術
夜5分で顔たるみ解消!リフトアップ術

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加