50代なら老人性色素斑の可能性が大です

見分けづらいシミ、そばかす、肝斑の原因と基本ケア

beauty editor
松宮詩依 https://tengenji-solaria.com/
監修者
天現寺ソラリアクリニック院長
松宮詩依

シミは紫外線から、細胞を守るために発生するそもそも人間に備わった機能です。とはいえ、現代社会では、そのメカニズムを多用せずとも、肌を守るライフスタイルや、コスメや医療が備わっています。まずはできる限り紫外線を浴びない生活を心がけて。

50代からのシミケア
【目次】
  1. あなたのシミはどれ? それぞれの正体を知ろう
  2. しみが、かゆみのあるイボになっていく!?
  3. おすすめアイテム

あなたのシミはどれ? それぞれの正体を知ろう

 

通称そばかすと呼ばれる雀卵斑も老人性色素斑も見た目は薄茶色い点状のシミなので、同じように紫外線由来と思われがちですが、じつは原因が異なります。

そばかすは、『赤毛のアン』や『長靴下のピッピ』などの主人公に代表されるように、10歳ころから出てくる遺伝性由来のシミ。成長するにつれて薄くはなりますが、すっきりとなくなる性質のものではありません。

対して老人性色素斑はいわゆる日焼けが居座って出来たシミ。50代になって出てきたと思うのは、日焼けの色素沈着に代謝スピードが追い付かず、シミとなってしまった結果です。どちらも似たような、薄茶色の丸い天状のシミですが、由来が全く異なります。

 

※イメージ図

とはいえ、シミのでき方に差はあるものの、本来、降り注ぐ紫外線から、肌内部の細胞を守るために、肌色をあえて日焼けさせて、それ以上、紫外線が肌内部に侵入しないようにするメカニズムです。紫外線が表皮のメラノサイトに届いたことが合図となり、茶色いメラニン色素が作られ始め、肌を小麦色に変えていくのです。ですから、紫外線を浴びなくなれば代謝とともに、メラニン色素は徐々に排出されて、肌の色も徐々に冷めていくはずです。

ただ、50代の肌は本来4週間程度の代謝、いわゆるターンオーバーとも呼ばれますが、このスピードが落ちてくるので、徐々に老人性色素斑と呼ばれるシミとなって残っていくことが多いのです。

しみが、かゆみのあるイボになっていく!?

また気を付けたいのは、このシミが、かゆみを持ったイボ状に変わってくることがあります。

脂漏性角化症と呼ばれますが、こうなったらホームケアではなく、すぐに皮膚科で処方を受けてください 。イボもシミが単純に変わったものか、ほかにも要因が絡んでいるかは専門医でないと判断がつきません。保険適応の処置で済むことが多いはずですが、レーザーなどで処置したほうが、傷跡がキレイニなることも。大きくなってからだと切除後に植皮が必要になったりと大がかりになることも。放っておくと段々大きくなってくるので小さいうちの治療をおすすめします。メリットとデメリットをよく検討しましょう。

いずれにしても、紫外線はシミをつくるだけではなく、土台の肌にも相応のダメージを与えていることを忘れず、50代からの肌老けを速めないようケアに取り組むことが大事です。

そばかすは残念ながら、あまりにも時間が経ってしまってからでは、美白化粧品や美容医療でもピンポイント的にそこだけを目がけて、消し去るのは難しいのが現状です。ただ、美白専用の化粧品をライン使いでケアする、あるいは、肌に負担にならない程度にレーザーや光治療を繰り返し受けていくことで、肌機能が全体に上がって、徐々にくすみが改善され、肌全体のトーンアップにつながった例は多く見られます。

また、そばかすができやすい人は、そもそも色白で紫外線に弱い傾向があります。できる限り全身にわたるUVケアが大事です。最近は目から入る紫外線の影響も侮れません。通年にわたる紫外線ガードが大切ですし、美白の内外ケアも重要です。これまでは、紫外線を浴びた後は、緊急にビタミンCを摂取することを勧められていましたが、現在はそれに加えて、普段から飲む日焼け止めを習慣的に摂取することで、うっかり日焼けを防ぐケアとして注目されています。フォトフェイシャルやケミカルピーリング+イオン導入などはそばかすの方にはよく選択されています。

 

おすすめアイテム


セリジエ

過去、現在、未来……、これからの予防も1本4役で

50代からのデリケートな大人肌のための、ローション、美容液、乳液、クリームのオールインワン美容液です。メラニンの根本原因にアプローチする新ナノ技術を採用。美白と潤いの働きで透明美白へ導きます。

セリジエ美肌液〈薬用ホワイト〉〔医薬部外品〕60ml 7344円(税込/ハルメク 0120-771-194)


noUVeau(ヌーボー)

飲む日焼け止めで、全身を紫外線から防ぐ

抗酸化作用の高いシダ植物の成分から抽出された天然成分「ポリポディウムロイコトモス」を主成分とする飲む日焼け止めです。外出の1時間前に1粒、1日2粒を目安に服用することで、全身を紫外線から守る事ができ、年齢を重ねると黄ばんで見える「黄くずみ」の予防にも効果的です。

黄くずみは紫外線によって引き起こされますが、一般の表皮の日焼けとは違い皮膚の奥の真皮が日焼けするものです。真皮の黄くずみを元に戻すのに10年以上かかり、その間の日焼けにより更に黄くずみが進行していきます。ヌーボーは、通常の日焼けを予防すると共に、特に黄くずみを予防できるように作られています。

日本人女性の美白成分として昔から知られるハトムギやLーシステインなども含まれているので、お肌のターンオーバーも促進させてくれます。

ポリポディウム・レイコトモス抽出物加工食品noUVeau(ヌーボー)4800円(税抜)(株式会社トータルヘルスコンサルティング 03-3526-3081)

beauty editor

美容編集者、石山照実が主宰する美容編集者とライターの美容専門の編集プロダクション。美容に特化し、雑誌を中心に活躍する編集者とライターというプロ集団。企画から撮影、記事の構成、さらには動画までを担当。雑誌だけでなく、化粧品メーカーのパンフレットからwebサイトのコラムまで、幅広く活動中。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ