50代・60代女性におすすめ【ハルメクニュース】

ダイソーが銀座に!3ブランドの大型旗艦店がオープン

公開日:2022.03.19

東京都にあるマロニエゲート銀座2に、100円ショップ「DAISO」、300円ショップ「Standard Products by DAISO」「THREEPPY」のグローバル旗艦店が4月15日(金)にオープン。ワンフロアで買い物が楽しめます。

DAISOは銀座エリアに初出店!約2万3000品が揃う

DAISOは銀座エリアに初出店!約2万3000品が揃う

マロニエゲート銀座店では、コンセプトの異なる「DAISO」(ダイソー)、「Standard Products by DAISO」(スタンダードプロダクツ バイ ダイソー)、「THREEPPY」(スリーピー)の3ブランドがワンフロアに集結します。3ブランドの同時開店は、創業50年の節目を迎える大創産業初めての試みです。

「DAISO」は、銀座エリアへの初出店。売場面積約300坪の広い店内に、暮らしを楽しくするアイデアあふれる生活必需品が約2万3000品も揃います。

フードロスの削減対策商品コーナーや、環境に配慮したレジャー商品コーナーなど、新しい生活様式に適応したエリアも展開予定です。

Standard Products by DAISOではコラボ商品の先行販売も

「Standard Products by DAISO」は「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトに、ベーシックで洗練されたデザインを大切にした生活雑貨のブランド。国内生産者と生活者をつなぐサステナブルな品揃えが魅力です。

Standard Products by DAISOではコラボ商品の先行販売も

渋谷、新宿に続く3店舗目となるマロニエゲート銀座店には、約2000品が揃います。ほとんどがオリジナル商品で、環境に配慮したアイテムや、国内産業とコラボレーションした商品の他、リビング用品、テーブルウエア、服飾雑貨など幅広く展開。

Standard Products by DAISO

カラーが絞り込まれていて、質感も統一されているので、簡単におしゃれなコーディネートが完成します。マロニエゲート銀座店では、愛媛県今治市のタオルや国内文具ブランドとのコラボ製品などが先行販売される予定です。

THREEPPYはラインナップを一新!大人かわいい雑貨を追求

THREEPPY

「THREEPPY」は、2018年に誕生したブランド。デザイン性に優れたかわいい商品やキャラクター商品が人気です。

今回のオープン時は、商品ラインナップを一新。「あいらしい。そして私らしい。」のコンセプトの元、大人かわいい雑貨を追求するブランドとして生まれ変わります。

THREEPPYはラインナップを一新!大人かわいい雑貨を追求

店内には、昨今のトレンドカラーであるグレーやピンク、ミントなどのくすみカラーを取り入れたアクセサリーやインテリア、食器、ファッション雑貨など約2400品が揃います。およそ9割がオリジナル商品で、価格帯は300円(330円、税込)が8割。その他に150円(165円、税込)~1500円(1650円、税込)のアイテムもあります。

大創産業がサステナビリティ拠点として位置付けているマロニエゲート銀座店。改装にあたっては、床材やレジ仕切り板などに環境負荷の少ない材料を活用しています。

また、100%リサイクル原料を使用した抗菌仕様の買い物かごを全店で導入。取り扱う商品も環境負荷削減を意識し、植物由来の成分を配合したポリ袋やプラスチックカップ、サトウキビの絞りかすからできる紙皿などの開発を強化していく予定です。

広い店舗でのショッピングは、欲しい物が手に入るだけではなく、「こんな物まであるんだ!」という発見があるのも楽しみの一つ。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

マロニエゲート銀座店 店舗概要

  • グランドオープン:2022年4月15日(金)※3店舗同時オープン
  • 住所:東京都中央区銀座3-2-1 マロニエゲート銀座2 6階
  • 営業時間:11:00~21:00
  • 休業日:マロニエゲート銀座に準じる

■もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加