公開日:2021/03/02

0

素朴な疑問

ひな祭りに食べる物とは?その由来は?

 

ひな祭りに食べる物とは?その由来は?
ひな祭りに食べる物とは?その由来は?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。
 

うちには娘がいるので、毎年ひな祭りの行事を大切にしています。ひな祭りの時期になると、春がやって来るんだなあとうれしくなるんですよね。

今回は、ひな祭りの由来とひな祭りの食べ物について調べてみようと思います!

 

ひな祭りの由来


ひな祭り(雛祭り)は、平安時代の上流階級の子どもたちの間で盛んだった人形を使った「雛遊び(ひなあそび/ひいなあそび)」と、人形を水に流すことで厄災を肩代わりしてもらう「流し雛」の信仰が結び付いたものだといわれています。

 

江戸時代になると、幕府が「桃の節句」を含む五節句を正式に祝い日としました。そのため、ひな祭りは、女の子の初節句を祝う行事として庶民にも広まり、ひな人形を飾る習慣が定着したのだそうです。

 

ちなみに、「桃の節句」と呼ばれるのは、旧暦の3月3日あたりに桃の花が開くことや、桃が魔除けの意味を持つことに由来しているのだそうです。

 

ひな祭りの食べ物・飲み物


ひな祭りといえば、春を感じる食べ物を味わうのも楽しみの一つ。ひな祭りにいただく料理にはどのような意味があるのでしょうか?

  • ちらし寿司
    平安時代に食べられていた「なれ寿司」が起源。エビや菜の花を乗せて見た目を華やかに、彩りをよくする工夫の末、現在のちらし寿司になったといわれています。
    注目したいのが具材に込められた意味。エビは腰が曲がるまで長生きできますように、レンコンは先が見通せますように、豆は健康でマメに働けますように、という意味が込められています。
     
  • 白酒・甘酒
    白酒の起源は、桃の花びらを浸けて造る「桃花酒(とうかしゅ)」だといわれています。桃には、気力や体力を伸ばし、邪気をはらう効果があると考えられていたためです。江戸時代になると、桃花酒が次第に白酒(蒸した餅米が原料)に変わり、定着していきました。子どもは白酒は飲めないということで、ノンアルコールの甘酒も桃の節句に飲まれるようになりました。
  • ハマグリのお吸い物

    はまぐり


    ハマグリは、2枚の貝殻がぴったりと合わさってできています。一つの対になった貝殻でないと、ぴったり合わないことで知られています。このことから、我が子が自分に合った結婚相手と結ばれますように、そして末永く一緒にいられますようにという願いが込められているのです。ハマグリのお吸い物は、ちらし寿司にも合います。
  • ひなあられ

    ひなあられ


    女の子の健康を祈願する意味があるひなあられ。桃、緑、黄、白の色は、春夏秋冬を意味しています。もともとは、貴族の子どもたちがひな人形を屋外に持ち出し、人形たちに春の景色を見せるという「雛の国見せ」のときに食べられていたお菓子なのだそう。
  • ひし餅
    ひし餅は、女の子の健やかな成長、厄除け、子孫繁栄など願って飾られます。ひし餅がひし形になったのは、江戸時代初期といわれています。ひし形は、ヒシの実の形を模した、心臓の形を表した、四角を伸ばして長寿を祈願したなど、諸説あります。

    当時は、ヨモギの緑にヒシの実を入れた白い餅を組み合わせたもの、つまり緑と白の2色だけでした。明治時代に入ると、ここにサンシシ(クチナシ)を入れたピンクが入って3色になりました。

    ひし餅の特徴といえば、緑、白、ピンクの3色ですが、これは、雪の下に植物が芽吹き、その上には桃の花が咲いている様子を表現しているそうです。

 

ひな祭りやその食べ物の由来がわかりました。どの食べ物にも深い意味があるのですね。春の訪れを感じるひな祭りの行事。これからも大切にしていきたいです。

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:増村人形店

   クックビズ総研

   日本の節句文化を継承する会

   いこーよ

   京都調理専門学校
 

ひなあられには、関東風と関西風があるらしい!
ひなあられには、関東風と関西風があるらしい!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ