公開日:2020/04/03

8

素朴な疑問

三色団子ってどうしてピンク、白、緑、なの?

 

三色団子ってどうしてピンク、白、緑、なの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

春になると、三色団子をよく見掛けて、食べたくなります♪ どこで見掛けても、お団子の3色はピンク、白、緑。どうしてこの3色なのでしょうか? 気になったので調べてみました!

 

安土桃山時代、1598年に豊臣秀吉は京都の醍醐寺で、「醍醐の花見」というお茶会を盛大に開きました。その際、秀吉は全国の銘菓を取り寄せて、来客に振る舞ったそうです。お花見で甘いお菓子を食べるようになったきっかけをつくったのは、秀吉だといわれています。

 

このとき、団子好きだった秀吉が「女性たちが喜ぶように、地味な白ではなく、花見にふさわしい華やかでかわいい団子を」と望んで、三色団子が考案されたのだそうです。

 

この花見がきっかけで生まれた三色団子は、めでたい席や華やかな席で食べられる春の縁起物になっています。

 

ピンク、白、緑の3色の意味には、幾つかの説があります。

 

1つ目は「春待ち説」。ピンクは「花」、白は「雪」、緑は「新芽」。

 

2つ目は「ひな祭り由来説」。ピンクは桃の花、白は白酒・甘酒、緑はよもぎで、ひな祭りの菱餅の色に合わせているというもの。

 

3つ目は「邪気払い説」。ピンクと白が「めでたい紅白」を表し、そこに邪気払いの「よもぎの葉」の緑を加えたというもの。

 

4つ目は「日本の四季説」。ピンクは桜の咲く春、白は雪の降る冬、緑は新緑が生い茂る夏を表し、「秋」がないことで、「(食べ)飽きない」というダジャレの意味を込めているというもの。

 

それから、3色の団子を串に刺すときの慣習として、色の順番が決まっているのですって! 串の上から、ピンク、白、緑の順番です。色の順番は早春の情景を思い浮かべると覚えやすいそうです。桜の花(ピンク)が咲く頃、地面には残雪(白)。その下にはこれから芽吹く緑がある、というイメージです。

 

なるほど~。400年もの歴史を経るうちに、さまざまな説が生まれてきたのですね。三色団子にこんな意味が込められていたなんて、全然知らなかったわぁ~。早く誰かに説明したい!

 

さて、ワタシは三色団子を買いに行ってきま~す♪ お団子の色の順番も早くこの目で確かめたいのです。

 

■人気記事はこちら!
知ってるようで実は知らない?
素朴な疑問ランキング

 


 

参照:専修学校 日本菓子専門学校

   一般社団法人 日本和食卓文化協会

   オリーブオリーブオイルをひとまわし

   気になること、知識の泉

 

ワタシはダジャレが入った説が好き♪
ワタシはダジャレが入った説が好き♪

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ