公開日:2020/12/29

3

素朴な疑問

コンビニで中華まんが販売される期間とは?

 

コンビニで中華まんが販売される期間とは?
コンビニで中華まんが販売される期間とは?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

すっかり寒くなりましたね。寒くなると食欲が増すのは体温を上げるためだとか、エネルギーを多く消費するからだとか諸説あるようですが、小腹がすいたらおやつを食べる、食欲に忠実なワタシです(ダイエットはどうした?)。

 

ところで、冬のコンビニ定番商品といえば、何といっても中華まん。私も大好きなおやつです♪ でも、最近中華まんが登場する時期が早いと思うのは、気のせいでしょうか? 近所のコンビニでも、まだ暑い時期なのに中華まんの保温器がレジ横に置いてありました。

 

中華まんって、いったいいつから販売されているのかしら? 気になってきたので早速調べてみました!

 

コンビニで中華まんが販売される期間

中華まんの販売開始時期は、コンビニ各社で独自に決めているようです。そこで大手コンビニチェーン3社を中心に、2020年の動きを見てみましょう。

 

2020年の先陣を切ったのは、全国2万店以上を展開しているセブン-イレブン。新商品を含めた中華まんを、8月11日から順次販売開始しています。続いてファミリーマートは「ファミマの中華まん」と称して、8月18日から販売スタート。そしてローソンは、9月1日から8種類の中華まんの販売を開始しています。

 

なんと、大手3社がこぞって真夏に中華まんの販売を始めていたことがわかりました。セブン-イレブンに至ってはお盆前にスタートなんて、いくらなんでも早過ぎじゃないのかしら?

 

調べてみたところ、猛暑に中華まんを発売するトレンドは少し前から始まっていたようです。ポイントは「お盆」と「気温差」。

 

量販店やスーパーはお盆を過ぎると夏商品から秋商品へ一斉に入れ替えるため、見ている人も「秋だな、涼しくなるな、あったかいものが食べたいな」と気分が切り替わるんだとか。

 

また最近はエアコンの影響で真夏でも寒暖差が激しくなっていて、冷房の効いたオフィスにいると「あったかい中華まんが食べたい」と感じる人が多いんだそうです。

 

「あったかいものを食べたいな~」と思ったときには、すでに中華まんがホッカホカでレジ横に待機しているというわけ。さすがコンビニ、かゆいところに手が届くわねえ。

 

ちなみに、コンビニの中華まんは翌年3月~4月頃まで販売するらしいです。もはや中華まんがない時期の方が短いわね。

 

コンビニ中華まんのトレンド

そんなコンビニの中華まんですが、コンビニ各社とも毎年新商品を投入するなど進化が止まりません。

 

以前はふわっと軽い食感が特徴だったコンビニ中華まんですが、コンビニによっては生地をしっかり発酵させ、もっちり食感にこだわった中華まんを販売しているところも。さらに具材のバリエーションが多彩で、定番の肉まんだけでも数種類そろえている充実ぶり。とろとろのチーズやごろごろしたチャーシューなど、いろんな食感も楽しめるようになっています。

 

100円台で買えるコンビニ中華まんが、こんなにリッチになっているなんて驚き。知れば知るほどお腹がすいてきたわ……ひとっ走りコンビニまで行ってこよう!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:食品産業新聞社ニュースWEB

   ITmedia ビジネスオンライン

   ファミリーマート

   セブン-イレブン

   ローソン

 

あんまんの餡て、すごく熱いときがありますよね。
あんまんの餡て、すごく熱いときがありますよね。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ