公開日:2020/09/09

0

素朴な疑問

「五節句」とは?

五節句とは

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

情報番組を見ていたら、秋にもお節句があるらしいです。節句といえば、3月の「桃の節句」や、5月の「端午の節句」はおなじみだけど、9月にもあるなんて知りませんでした。気になったので、調べてみると、「五節句」といって、一年のうちに節句は5つあることがわかりました。

 

五節句の由来 五節句はいつ?


節句というのは、もともと中国の風習だそうです。唐の時代に奈良に伝わり、長い歴史の中で日本の文化と融合して根付きました。もともとは節句の数は5つより多かったそうですが、中国から伝わった考え方と宮中行事が融合し、江戸時代に幕府が公的な祝日として定めたものが、人日(じんじつ)、上巳(じょうし/じょうみ)、端午(たんご)、七夕(たなばた/しちせき)、重陽(ちょうよう)の五節句です。中国では奇数が縁起のいい数字とされているので、五節句は、奇数月の奇数日なんですって。

 

日本で節句は、昔はどの日も、その季節ならでは供物を神様に捧げて祝っていたそうです。
祈りを捧げ、周囲の人々との絆を深める地域行事でした。季節感のある栄養豊富な食べ物を人々といただきながら、明日への活力を養う機会でもありました。そうしたことから「節句」は「節供」と書かれることもあります。

 

五節句は以下の通りです。

五節句の日程と意味


1月7日 人日 七草の節句
その一年の無病息災を願って春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)の入った七草粥を食べます。

3月3日 上巳 桃の節句・雛祭り
女児の誕生を祝福し、健やかな成長を願います。雛人形を飾り、菱餅や桃の花も添えて、ちらし寿司や、白酒などでお祝いします。

5月5日 端午 端午の節句・菖蒲の節句
男児の誕生を祝福し、健やかな成長を願います。鎧かぶとや人形を飾り、鯉のぼりを掲げ、柏餅に菖蒲の花を添えてお祝いします。

7月7日 七夕 七夕の節句・星祭
日本古来の豊作を祈る祭りに、女性が針仕事などの上達を願う中国伝来の行事が合わさってできたものといわれています。笹竹に願い事をしたためた短冊を吊るすのは現代でもおなじみ。

9月9日 重陽  重陽の節句・菊の節句
菊は薬草としても用いられ、延寿の力があるとされてきました。お酒に菊を浮かべた「菊酒」を飲み、菊に綿を被せて、菊の花の水分を吸った被せ綿(きせわた)で体を拭き、健康と長寿を願います。また、菊を愛でる菊花展、菊人形展も各地で開催されます。

 

現代の日本における節句の役割


今の時代では、どの節句も「神様に捧げる神事」という意味合いは薄まってきています。

 

それでも1月、3月、5月、7月、9月と、年に5回ある節句は季節を感じるよい機会です。現代では、「五節句」は家族や近所の人たちと一緒に季節を楽しみながら心を通わせるイベント、という役割を担っているといえるでしょう。

 

1月7日は七草がゆを食べて、3月3日には桃の花を飾ってちらし寿司や白酒でお祝い。5月5日には、柏餅やちまきを食べて、菖蒲湯に浸かって、7月7日には笹の葉に短冊を飾って、9月9日は菊花を楽しんで……。こうして考えてみると、年に5日の「五節句」って季節を反映した楽しいイベントですよね。

 

子どもが成長するにつれて、こういうイベントをだんだんスルーしちゃうようになる家庭って多いんじゃないかしら。でも、五節句を生活に取り入れれば、季節の変化も意識できるし、ちょっとひと息つけそうな気がします。

 

五節句について理解が深まったわ~。これからは五節句を我が家の楽しいイベントにしていこうと思います。


 

■人気記事はこちら!
知ってるようで実は知らない?
素朴な疑問ランキング ベスト100

 


 

参照:日本文化研究ブログ

   一般社団法人 日本の節句文化を継承する会 

   一般社団法人日本人形協会

   久宝堂

   All About
 

「菊の節句」って知らなかったわ~。
「菊の節句」って知らなかったわ~。

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ