公開日:2020/06/14

更新日:2020/09/24

12

素朴な疑問

豆苗って何回収穫できるの?

 

豆苗って何回収穫できるの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

近頃、いろいろ不安なことが多い世の中になってきましたよね。いざとなったら自給自足の生活ができたらいいなと思ってきました。そんなわけで、野菜を育てることに興味が湧いてきたワタシです。

 

まずはその手始めとして、目を付けたのは豆苗(とうみょう)です。普通に買ってきた豆苗を食べた後、もう一度根の部分から育てて収穫できることを知っている方は少ないと思います。この栽培方法は「再生野菜」・「リボべジ」などと呼ばれ、今ちょっとした人気なんですって。

 

ワタシの自給自足生活はお手軽な豆苗の栽培からスタートしたいと思います!

 

ところで、豆苗の収穫って何回くらいまでできるんでしょう? 実は今までも、切った後の豆苗を育ててみたことはあるんですが、1回栽培して収穫したら、豆苗は捨ててしまいました。コツをつかめば3回、4回と繰り返し収穫できるのでしょうか?

 

豆苗の収穫は2回までが限界

調べてわかったのは豆苗の収穫ができるのは、2回までが限度だそうです。その後はカビてしまったり、藻が発生するといった問題が起きやすくなり、発芽させるための栄養もなくなってしまうのだそう。

 

育つたびに豆の栄養が使われてしまうので、2回目もおいしい豆苗を再度収穫するためには、最初に元気のある豆苗を選んで買うことが大切。元気な豆苗とは、色が濃くて勢いよく伸びているものです。パッケージの内外に水滴が付いていると新鮮でない可能性があるので、水滴が付いていないものを選びましょう。
 

豆苗の上手な栽培方法と2回目の栽培のコツ

 

  1. 豆苗を育てる方法は、水栽培(水耕栽培)です。豆苗の根の近くには、「脇芽(わきめ)」と呼ばれる小さな芽が2つ出ています。脇芽は、次に芽を伸ばしていくための成長点。脇芽は残し、その上の位置からカットしましょう。この脇芽の部分が見つからない方は、種から少し離れたところからカットしてください。
     
  2. 豆苗の根の部分を、浅い容器に入れ、種に水がかからないように水を張ります。水は1日1回入れ替えますが、夏場は水が傷みやすいので、1日2回替えた方がいいでしょう。肥料などは必要なく、普通の水道水で十分です。
     
  3. 20℃前後が豆苗を育てるのに適した温度です。日当たりのいい屋内に置きましょう。日の差す窓辺に置くのがよさそうですが、暑過ぎてもうまく育たないので、夏場の直射日光は避けましょう。

 

栽培を始めて7日~10日後に収穫ができます。豆苗は成長が早いので、豆苗を買ってきたときと同じくらいの長さにまで成長したら、収穫しましょう。それ以上成長させると、おいしくなくなってしまいます。

 

2回目の栽培・収穫は、1回目と同じようにします。夏場は豆が腐ったり、カビが生えたりといったトラブルが多くなるので、様子を見ながら栽培をしましょう。

 

豆苗は野菜炒めに混ぜたり、みそ汁に足して食べるのがおすすめ。手軽なのに、野菜を育てて栽培する楽しさが味わえる豆苗の栽培、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:暮らし〜の

   村上農園

   LOVEGREEN

初めての自給自足! 数日でできる収穫が楽しみです!
収穫が楽しみだわあ~♪

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ