公開日:2019/11/01

0

素朴な疑問

温泉ソムリエになるにはどうすればいいの?

温泉ソムリエになるにはどうすればいいの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

先日、結婚記念日におしゃれなレストランに行きました。料理に合うワインを選んでくれ、自分の好みを伝えるとおすすめのワインを紹介してくれたソムリエ。素敵よね。ソムリエは、もともとワインの専門知識を持つ給仕さんを意味するものだけど、最近ではその道のエキスパートの意味でも使われるようになっています。

 

日本酒ソムリエや焼酎ソムリエ、野菜ソムリエなど耳にする機会が増えましたよね? いろいろなソムリエがある中で気になったのが温泉ソムリエ! 温泉ソムリエになると、温泉に詳しくなれるのかしら? 

 

気になったので、温泉ソムリエになる方法について調べてみることにしました。

 

温泉ソムリエは、2002(平成14)年に、新潟県妙高市にある温泉ソムリエ協会が発案した民間資格です。平成になって誕生した新しい資格なのね。

 

温泉ソムリエの資格はステップアップもできて、「カリスマ温泉ソムリエ」「温泉ソムリエ師範」「温泉ソムリエ家元」のような称号があります。

 

基本となる温泉ソムリエの資格は、日本各地で開催される温泉ソムリエ認定セミナーを受講すれば取得できます。認定セミナーで学べるのは、入浴法の基礎知識講座や温泉分析書の読み方など。4時間ほどの受講時間で資格がとれるのは、うれしいポイントです!

 

温泉ソムリエ認定セミナーの参加費用は開催によって差がありますが、2万2000円~2万5000円(税抜)くらいのものが多いです。1泊2日のセミナーも開催されており、その場合の費用は、だいたい3万円~3万5000円(税抜)ほど。人気の講座なので、キャンセル待ちが出ることも多いそうですよ。

 

認定セミナーに行けないという方のためには、ネットのオンライン講座を受講する方法も用意されています。受講期間は5か月で、費用は2万4000円(税抜)。こちらはスマホでも受講できるのがおすすめポイントです。オンライン講座を受けた後、別途開催されるオンラインテストに合格すると温泉ソムリエの資格がとれます。

 

認定セミナーやオンライン講座で使用されているテキストは、温泉ソムリエ協会のHPから内容を少しだけ見ることができます。「ORP法による温泉水の評価」などの専門的な知識に加えて、「女子力UPのための入浴法」や「温泉の文化」、「良い温泉宿の見つけ方」など、温泉にまつわる豊富なテーマについて学べるように工夫されています。

 

温泉についてのさまざまな知識を得ることができる温泉ソムリエ。これまでに、温泉好きの人や温泉宿、日帰り温泉施設で働く人たちなど、1万人以上が取得済みなのだそう。認定セミナーなどのスケジュールは、温泉ソムリエ協会のHPでチェックできます。

 

温泉ソムリエの資格を取ることで、生活そのものが豊かになりそうな予感! 温泉ソムリエの資格、取ってみたくなりました。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:温泉ソムリエ協会

   N-Academy

 

温泉ソムリエになると、美人の湯はどこにあるかわかるのかしら
温泉ソムリエになると、美人の湯はどこにあるかわかるのかしら

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ