スマホ操作の「基本のき」

今さら聞けない!スマホの基本操作&アプリの入れ方

公開日:2020/04/05

更新日:2020/07/01

9

タップ、スワイプ、ピンチアウト……。スマホ用語は横文字ばかりでよくわからない、そんな人も多いのでは? これからスマホデビューする人はもちろん、既にスマホを使っている人も、知っておくと便利な基本操作をまとめました。トラブル対処法も必見です!

スマホ操作

はじめにスマホの基本操作6つを覚えよう!

スマホは、指の腹で画面をタッチして使います。力を入れて触る必要がないので、慣れればとっても簡単。下記の6つの基本操作ができれば、スマホの機能のほとんどを操作できます。
 
【基本操作1】タップ:軽くたたく

軽くたたく

画面を指で「トン」と軽くたたくこと。操作の中で最も基本的な動き。2回続けて速くたたく動き(ダブルタップ)もある。

使うのはこんなとき→文字入力、アプリやホームページアドレスの選択・起動など。

【基本操作2】ロングタップ:長押し

ロングタップ:長押し

画面に指を置き、少しの間そのままにすること。

使うのはこんなとき→アプリを削除するときなど。

【基本操作3】スワイプ・スライド:なぞる

スワイプ・スライド:なぞる

画面に指を置き、画面から指を離さず「サッ」となぞること。

使うのはこんなとき→今見ている画面を次に送りたい・変えたいとき、画面ロックの解除など。

【基本操作4】ドラッグ:滑らせる

ドラッグ:滑らせる

画面に指を置き、画面に触れたまま指を目的の場所に移動させること。

使うのはこんなとき→アプリのアイコンの移動など。

【基本操作5】ピンチイン:つまむ

ピンチイン:つまむ

画面に置いた2本の指を、開いた状態から上下や左右に近づけるように動かすこと。

使うのはこんなとき→表示された文字や画像、地図の縮小など。

【基本操作6】ピンチアウト:広げる

ピンチアウト:広げる

画面に置いた2本の指を、閉じた状態から上下や左右に広げるように動かすこと。

使うのはこんなとき→表示された文字や画像、地図の拡大など。

基本操作に慣れたら、アプリを使いこなそう!

アプリを使いこなそう

「アプリ」とは、アプリケーションの略語です。「アプリ」をスマホに入れる(インストールする)ことで、スマホでできることが増えていきます。

スマホにもともと入っている「電話」「メール」「カメラ」などの機能もアプリの一つ。iPhoneは「App Store」から、Androidは「Playストア」から、アプリをインストールできます。

アプリのインストールには、ストアを利用するためのID=「アカウント」が必要です。アプリには無料のものと有料のものがあります。有料アプリは、通信会社の料金に上乗せする方法や、クレジットカードを登録することで購入できるようになります。

容量が大きなアプリもあるので、アプリのインストールはWi-Fi(ワイファイ)に接続された環境で行うことをおすすめします。

▼アプリのインストール方法

・iPhone の場合:App Store

iPhone の場合:App Store

1.ホーム画面にある「App Store」を開いて「検索(虫メガネのマーク)」をタップ。
2.検索ボックスに興味のあるアプリのキーワードを入力して検索し、出てきた候補の中からインストールしたいアプリを選択。
3.選んだアプリの「入手」→「インストール」をタップ。
4.インストールが終わると「開く」というアイコンが出るので、タップして確認。
 

・Android の場合:Playストア

Android の場合:Playストア

1.「Play ストア」を開いて、「カテゴリ」をタップ。
2.「カテゴリ」の中から興味のあるジャンルをタップ。
3.アプリを選び、「インストール」をタップ。
4.インストールが完了すると「開く」というアイコンが出るので、タップして確認。

こんなとき、どうする? スマホ操作でよくあるトラブル

スマホ操作でよくあるトラブル

スマホは直観的に操作できるのが魅力ですが、その操作性の良さが時に思わぬトラブルに繋がることも。スマホ初心者にありがちなトラブル&対処法をご紹介します。

Q.画面がくるくる回転してしまうのを止めたい。
A.本体を横に傾けると横長画面になる「自動回転」機能が原因です。

【対処法】
iPhoneの場合は画面下部を上に向かってスワイプすると出てくる「コントロールセンター」の鍵マークをタップすればOK。Androidは「設定」の中のディスプレイ設定メニューから「画面の自動回転」のチェックを外し、画面を固定します。

Q.バッグの中で勝手に動くのをどうにかしたい。
A.画面が表示されたままだと、画面を触る=指示と認識されてしまいます。

【対処法】
一度、電源ボタンを押して画面を暗くすれば、その後画面を触ってもスマホは動きません。

Q.操作していないのにバッテリーがすぐになくなる。
A.スマホの画面下にある「ホームボタン」を押しても、画面が切り替わっただけでアプリは裏(バックグラウンド)で動き続けています。

【対処法】
バッテリーの減りを抑えるために、使わないアプリは「終了」しましょう。iPhoneはホームボタンを素早く2回押して、Androidではホームボタンを長押しして、現れた画面をスワイプして終了させます。

「なんだかスマホは難しい」と思っている人も、いざ使い始めてみたら、その便利な機能にやみつきになるはず! スマホの基本操作&アプリの入れ方を覚えて、まずは使ってみてください。

構成=小林美香(ハルメク編集部) 監修=太田百合子 イラストレーション=たつみなつこ(指) 
※この記事は2018年11月号「ハルメク」に掲載された内容を再編集しています。
 


雑誌「ハルメク」8月号のスマホ特集もチェック!

雑誌「ハルメク」2020年8月号


※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

■もっと知りたい■
>>「スマホ活用術」の記事一覧はこちら

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ