公開日:2019/08/19

更新日:2020/07/05

6

素朴な疑問

食器洗い乾燥機と手洗い、節約できるのはどっち?

食器洗い乾燥機と手洗い、節約できるのはどっち?

 

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。
 

先日、何気なく雑誌を読んでいたら、食器洗い乾燥機(食洗機)の特集がありました。友人から「家にあるけど面倒くさくて使わないのよね~」と聞いていたので、食洗機の導入は考えたことがなかったワタシ。

 

でも、食洗機の記事を見たら、今の食洗機は機能が格段によくなって使いやすくなっているそう。そして、何よりワタシが気になったのが「食洗機を使った方が節約になる」ということでした! 本当なのでしょうか? 早速調べてみたいと思います!

 

まず、食洗機と手洗いで、1年間にどれくらい水道光熱費の金額に差が出るかを調べてみました。4〜5人家族の場合、1日に2回食器などを洗うという設定で、年間約1万9000円もお得になるそうです。1回あたりの食器洗いの量は食器40点と小物20点、水温20℃を想定して計算した結果なんですって。

 

食器洗いに必要になる費用は、洗剤代、ガス代、電気代、水道代の4つです。それぞれどのくらい違いが出るのか、手洗い(お湯を使用)と食洗機について、さらに細かく見ていきましょう。

 

まずは食器を洗う洗剤について。1回あたり、手洗いの場合洗剤は約9.6mL(約5.5円分)に対し、食洗機の場合は食洗機用固形洗剤5g(約3.2円分)ということがわかりました。どの洗剤を使うか、どの食洗機を導入するかによって変わってきますので、大体の目安と考えてください。洗剤はあまり差がないのでは? と思っていたので、ワタシとしては意外な結果でした。

 

次にガス代と電気代についてですが、1回あたり、手洗いの場合はガス代が約28.2円、食洗機の場合は電気代が約20.8円という結果に。
※手洗いの場合はガス代が、食洗器の場合は電気代がかかります。

 

残るは水道代。1回あたり約18.9円に対し、食洗機は約2.8円という結果に! 水道代に大きな差が出ることがわかりました!

 

ではどうしてこんなに水道代に差が出るのでしょう? それには、3つのポイントがありました。

 

まず1つ目が、食洗機の場合、酵素や漂白成分を含んだ高濃度の洗剤液を使うので、手洗いより少ない水で汚れが落とせるそうです。食洗機用の洗剤も進化を遂げているのですね!

 

2つ目は、食洗機と洗剤に関わることでした。食洗機用の洗剤を使うと泡立ちが抑えられるようで、少ない水ですすぐことができるんだとか。

 

3つ目の理由は食洗機の機能によるものです。食洗機は、少ない水を噴水のように効率よく循環させて洗浄するそうです。これは食洗機導入の大きなメリットですね。

 

食洗機や洗剤の種類、お住まいの地域によっても差が出ると思いますが、水道代については圧倒的に食洗機に軍配が上がることがわかりました! これを機にダンナさんに食洗器の購入の相談をしてみたいと思います。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:パナソニック

 

食洗機は手荒れ問題も解決してくれるかも!
食洗機は手荒れ問題も解決してくれそう!

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ