2019/01/11 0

日本からビザなしでいける外国はどれくらいあるの?

 

低価格の運賃で乗れるLCC(ローコストキャリア)が就航してから、海外旅行がとっても身近になりました。以前に比べて、驚くほど格安の運賃で利用できるのがうれしいポイントです。

 

気軽に利用できるとはいえ、海外旅行にはパスポート(旅券)が欠かせません。パスポートは、外国に滞在した際に、自分の国籍や身分を証明する大切な証明書になるもの。ワタシも旅行中は、盗難にあったり落としたりしないように気をつけています。

 

そしてもうひとつ。渡航する国によっては、ビザ(査証)が必要になる場合があります。パスポートは持っていても、ビザのことって、いまだによくわかりません。そもそもビザってなんなのでしょうか? また、日本からビザなしでいける外国ってどれくらいあるのでしょうか? さっそく調べてみました。

 

ビザとは、その国への入国を許可するための相手先の国が発行する証明書なのだそうです。パスポートは自国が発行する身分証明書で、それぞれの役割が違うのだそう。

 

けれども、台湾に行ったときにビザは必要なかったけど? ビザは、日本とその国との協定によって必要かそうでないかが決められています。日本のパスポートを持っていればビザがなくても入国可能な国が多いため、海外旅行には何度も出かけているけれど、ビザは取得したことがないという人が多いかも。

 

永住権などの取得支援を行なっているヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)によると、現在、日本からビザなしでいける外国は、なんと190か国。アジア圏では、韓国、台湾、香港、マレーシアならビザなしで90日滞在可能ですし、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピンなどは30日の滞在が許可されています。

 

北中米、東欧や西欧、アフリカなどでも、ビザなしでいける国がたくさん! なんでも、日本のパスポートは、ビザなしで渡航できる国の多さで順位が決まるヘンリー・アンド・パートナーズの2018年パスポート・ランキングで1位になったのだそうです。日本のパスポートは、世界で1番自由度が高いというわけですね。

 

ただし、ビザなしで入国可能な国でも、入国時にパスポートの有効期間が半年以上必要という国は多いので、これだけは気をつけましょう!

 

参照:ヘンリー・アンド・パートナーズ(Henley & Partners)「The Henley Passport Index」

   株式会社 ⽇本橋夢屋「ビザ要否一覧(日本国籍)」

 

これからもビザなしの自由な旅を続けたいわ~!

 

イラスト:飛田冬子

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング

 

水の飲み過ぎはいけないって本当?
しゃっくりの上手な止め方とは?     
ヒジキは食べ過ぎると体に良くないの?
お賽銭の金額はいくらがいちばんいいの?     
お祝い事があるとなぜ紅白饅頭が配られるの?     
日本人の身長が低くなってるって本当?
園遊会に、私も参加することはできるの?
親知らずって抜歯したほうがいいの?     
銀行口座を10年以上使っていないと下ろせなくなる?
家電寿命10年説の真実に迫る!

 

素朴な疑問TOPはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ