公開日:2021/08/18

0

素朴な疑問

ひよこ鑑定士って何をする職業?

 

ひよこ鑑定士って何をする職業?
ひよこ鑑定士って何をする職業?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

「将来ひよこ鑑定士になろうかな~」と、おかしな冗談を言う息子に、そんな資格あるわけないでしょうと笑っていたら、なんと実在するそうです。ひよこ鑑定士って、何をする人なのかしら?

 

ひよこ鑑定士とは?

ひよこ鑑定士とは?

「ひよこ鑑定士」は俗称で、正式名称は「初生雛鑑別師(しょせいひなかんべつし)」です。初生雛鑑別師は、卵をふ化させる「ふ化場」で、かえったばかりのひよこが、オスなのかメスなのかを鑑別する専門職です。

 

ひよこのオスとメスを鑑別する技術は、1924(大正13)年、農林省畜産試験場で生まれました。当時、鶏の繁殖を研究していた増井清博士と橋本重郎博士、大野勇氏の3名が、ふ化したばかりのひよこ(初生雛)でも、生殖突起に雌雄の差異があることを発見し、日本畜産学会に発表したのが始まりです。

 

そもそも、なぜオスとメスを見極める必要があるのでしょうか?

 

それは、食肉用や採卵用など、役割によって飼育方法やエサが異なるためです。そもそもふか化したヒナは、時間が経過するほど、性別の見極めが難しくなることもあり、なるべく早く鑑別する必要があります。そこで、初生雛鑑別師の出番となるわけです!

 

オスとメスの鑑別法は、鶏の種類によっても異なりますが、指でひよこの肛門を開いて、生殖突起を確かめる「肛門鑑別法(指頭鑑別法)」の他、羽毛の色による「カラー鑑別法」、羽毛の伸びの早さによる「羽毛鑑別法」などがあります。

 

ひよこ鑑定士になるには?

ひよこ鑑定士になるには?

初生雛鑑別師(ひよこ鑑定士)になるには、公益社団法人畜産協会の「初生雛鑑別師養成所」に試験を経て入所する必要があります。合格者は、養成所でひなの鑑別についての理論的や技術など、5か月間にわたって専門知識を習得します。その後、予備試験を受けて合格すると「ふ化場」で鑑別研修生として1~2年学びます。最終的に高等鑑別師考査にパスすれば、晴れてプロの鑑別師になることができます。

 

活躍の場は、日本のみならず、海外にまで広がります。ちなみに初生雛鑑別師の養成機関は、日本にたった一つだけです。

 

  • 初生雛鑑別師養成所の受講資格

受験資格:満25歳以下で、高等学校卒業者または同等以上の資格がある人。身体強健で、視力1.0以上(矯正可)

 

おいしい鶏肉が食べられるのは、初生雛鑑別師(ひよこ鑑定士)のおかげなんですね。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:公益社団法人畜産協会 初生雛鑑別師とは?

   公益社団法人畜産協会 養成講習案内

   イーアイデム

   進路のミカタ

 

ありがたくチキンステーキをいただきます。
ありがたくチキンステーキをいただきます。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ