公開日:2021/07/05

1

素朴な疑問

車中泊ができるRVパークって?

 

車中泊ができるRVパークって?
車中泊ができるRVパークって?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

急な休みがとれたと言っていた友人が、ふらりと温泉めぐりのドライブ旅行に出掛けてリフレッシュしてきたそうです。急だったので「RVパーク」で車中泊をしたそうです。

 

そもそもRVパークとはどんな施設なのでしょうか。さっそく調べてみました!

 

RVパークとは?

RVパークとは?

RVパークは、「一般社団法人日本RV協会」が推進する車中泊ができる施設です。道の駅や日帰り温泉施設、オートキャンプ場などに車中泊専用の駐車スペースが設置されていて、有料で利用することが可能です。中には予約が必要なところもありますが、基本的には予約不要です。

 

RVパークは、一般的な駐車場に比べてゆったりとしたスペースになっていて、椅子やテーブルを出すこともできます。

 

利用料金は1台1泊3000円ほどのところが多く、キャンプ場やホテルに泊まるよりリーズナブルに宿泊できるのはうれしいですね!

 

また、最長で1週間程度の滞在も可能なので、観光スポットでゆったり過ごしたい場合などにも便利に使えそうですね。

 

RVパークには、次のような定義があります。

 

  • 24時間利用可能なトイレが設置されている
  • 100V電源供給設備がある
  • ゴミ処理が可能
  • 入浴施設が近隣にあることが望ましい

 

また、次のようなことは禁止されています。

 

  • 車外での調理
  • 直火
  • アイドリング
  • ゴミのポイ捨てや不要物の置き去り

 

なるほど、キャンプ場のように自由に直火でバーベキューなどはできないものの、トイレや電源の心配がないのは安心ですね。

 

さらに近くに温泉などの入浴施設があれば、初心者でもかなり快適な車中泊体験ができそうです。

 

2021年6月時点で、全国各地に200か所以上のRVパークがあり、続々と増えていて、さらなる展開が期待されます。

 

車種は、キャンピングカーや一般車両での利用も可能です。自家用車で気ままにふらりと旅行をしたい人には便利なシステムですよね。

 

RVパークと道の駅の違い

RVパークと道の駅の違い

ところで全国各地にある道の駅とRVパークってどう違うの?と思いますよね。

 

道の駅は、無料の駐車場があり24時間利用できるトイレも設置されているので、宿泊ができると思いがちですが、あくまで「休憩施設」です(道の駅内に設置されたRVパークは例外)。なので、道の駅では仮眠はできますが、宿泊はできません。また、高速道路のサービスエリアや公園、他公共施設なども同様です。

 

また、海水浴場の波辺などの場合は、地方自治体や国が管理をしていることが多いため、無許可で車中泊をすると不法占拠とみなされ、警察に通報される可能性もあり、注意が必要です。

 

だからこそ、車中泊する際は、RVパークが安心というわけですね!

 

全国各地のRVパークを利用すれば、旅をより気軽に楽しめそう! ハードルが高いと思っていた車中泊ですが、リーズナブルに快適な旅ができそうです。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参考:くるま旅クラブ公式サイト「くるま旅」

   国土交通省

   道の駅公式ホームページ

   Auto Messe Web

   RVパーク 日本RV協会認定車中泊施設

 

まずはクルマを車中泊仕様にするところから始めてみようかな?
まずはクルマを車中泊仕様にするところから始めてみようかな?

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ