公開日:2021/06/14

8

素朴な疑問

インスタントコーヒーをおいしく入れる方法は?

 

インスタントコーヒーをおいしく入れる方法は?
インスタントコーヒーをおいしく入れる方法は?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

毎日、その手軽さにすっかりお世話になっているインスタントコーヒー。調べてみると、インスタントコーヒーにも、よりおいしく入れるワザがあるみたいです!

 

インスタントコーヒーをおいしく入れるコツ

インスタントコーヒーをおいしく入れるコツ

お湯を注ぐだけで手軽に飲めるインスタントコーヒーですが、ちょっとした手間でよりおいしく飲める方法があります。

 

  • インスタントコーヒーを水で練る

スプーン1杯ほどの水で練ってからお湯を注ぐと、いつも以上にまろやかな風味が味わえます。

 

  • フリーズドライ製法のインスタントコーヒーにする

真空状態で冷凍乾燥させるフリーズドライ製法で作られたインスタントコーヒーは、凍結前の状態を維持できるため、そのままに香りや風味を味わえます。

 

  • お湯の温度は80~90度を目安にする

インスタントコーヒーに注ぐ温度は、80~90度を目安にすると苦味の少ないまろやかな味になります。温度が高すぎるとインスタントコーヒーのカフェインが抽出されやすくなり、苦味を感じることがあります。

 

  • 乾煎りする

焦げ付かないフライパンなどで、焦げに注意しながら、少し色が変わったくらいに乾煎りすると、香ばしさが増したインスタントコーヒーができます。

 

  • 電子レンジで温める

お湯を注いでインスタントコーヒーを溶かした後、電子レンジで約30秒温めると、苦味や酸味が感じづらいまろやかなインスタントコーヒーになります。

 

ちなみにカップ1杯のインスタントコーヒーの量は、お湯140mLに対して小さじ1杯(2g程度)を目安にしましょう。

 

どれも簡単なので、ぜひ試してみてください!

 

アイスコーヒー・カフェオレのおいしい作り方

アイスコーヒー・カフェオレのおいしい作り方

インスタントコーヒーを使ったおいしいアイスコーヒーとアイスカフェオレの作り方も調べてみました。

 

  • おいしいアイスコーヒーの作り方
  1. 耐熱のグラスにインスタントコーヒー3gを入れる。
  2. 約90度のお湯を90mL注ぎ、よくかき混ぜる。
  3. 適量の氷を入れてさらに混ぜる。

 

水でアイスコーヒーを作る場合は、インスタントコーヒー小さじ1杯(約2g)と冷たい水140mLをかき混ぜるのがおすすめです。

 

  • おしゃれなアイスカフェオレの作り方
  1. 冷たい牛乳をグラスの1/3入れる。
  2. 牛乳の表面から頭が出るくらいの氷を入れる。
  3. アイスコーヒーをゆっくり入れる。

 

アイスコーヒーを入れるときは、そっと氷にかけるようにするのがきれいなツートンのアイスカフェオレにするコツです。その際、アイスコーヒーと牛乳のバランスを、3(120mL)対1(40mL)にするのが、おいしいカフェオレを作るポイントです。

 

インスタントコーヒーの保存方法

インスタントコーヒーの保存方法

インスタントコーヒーをいつでもおいしく飲めるようにするには、保存方法も大事です。

 

まずインスタントコーヒーを最初に開けるときは、内ブタを開けますが、その際はナイフなどを使ってきれいにくり抜きましょう。瓶のふちにフタの紙が一部残っていると、密閉性が下がってしまうのを防ぐためです。湿気を防いでいつまでも変わらない風味を楽しみましょう。

 

  • 内蓋の紙を容器の内径に沿ってナイフで切り抜き、フタの密閉率を高める。
  • 使ったらすぐにフタを閉めて、品質と香りを保つ。
  • 高温や湿気のない場所で保管する。
  • 冷蔵庫や冷凍庫で保管するときも、出し入れは短時間で。
  • 開封した後は1か月以内に消費する。

 

ダンナさんに、この方法でインスタントコーヒーを出したら、違いをわかってもらえるかしら!?

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:日本インスタントコーヒー協会

   株式会社PLAN

   UCC上島珈琲株式会社

   キーコーヒー株式会社

 

ホッとひと息タイムが充実しそう!
ホッとひと息タイムが充実しそう!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ