公開日:2020/05/18

更新日:2020/10/25

8

素朴な疑問

スポンジで野菜が栽培できるって本当?

 

スポンジで野菜が育てられるって本当?
スポンジで野菜が栽培できるって本当?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

最近、自給自足に興味が出てきました。自家製の葉物野菜を作って、お料理にちょっと使ってみたいなと思っています。でも、いきなり畑をやるのは大変そう……。もっと気軽に始められる方法はないかなと思って調べていたら、「スポンジ栽培」というのを見つけました。

 

キッチンの窓際やベランダなど、ちょっとしたスペースがあればできるんですって。スポンジを使ってどのように野菜を育てるか、具体的に見ていきましょう!

 

スポンジ栽培とは


スポンジ栽培は、食器洗い用のスポンジを利用した水耕栽培のこと。土を使わないので虫が付きにくく手や服が汚れない、キッチンにある物だけを使ってできるため、費用があまりかからず、天候に左右されることがないなど、初心者でも簡単に始められる栽培方法です。

スポンジ栽培では、野菜の苗ではなく種から育てていきます。種からと聞くと難しそうに思うかもしれませんが、そうでもないみたいです。

それでは必要な道具や育て方、スポンジ栽培に向く野菜について紹介します。

 

スポンジ栽培の準備

  • 野菜の種(ホームセンターや100円ショップで買える家庭菜園用のもの)
  • 食器洗い用のスポンジ
    ※スポンジの裏に硬い部分があるものは、カッターでこそげ落としておく。
    ※メラミンスポンジは高密度で空気を通しにくく、根が張りにくいので避けましょう。
  • 容器(イチゴパック、トレー、プラスチックの保存容器、など、深さが5cm以上あるもの)
  • カッター
  • ピンセット(毛抜きも可)
  • 水耕栽培用液肥
  • トイレットペーパー(ティシュペーパーなど水溶性でない紙は不向き)

 

スポンジ栽培の仕方

  1. スポンジを2.5cm角にカットし、上部にカッターで十字の切り込みを入れる。
  2. トレーなどの容器にスポンジを置き、スポンジがひたひたになる程度まで水を注ぐ。
  3. スポンジを押さえるようにして吸水させる。
  4. スポンジの切り込みの真ん中に、ピンセットを使って1粒ずつ種を置く。
  5. 湿らせたトイレットペーパーをかぶせる。

 

育て方のコツ

  • スポンジで種が発芽した後は、スポンジ部分が乾燥しないようにすることが大事。水耕栽培専用の液肥を加えた水を、スポンジに掛けるのではなく、容器に注ぐように水を足し、スポンジの表面を湿らせておくこと。
  • 室内で育てる場合は、太陽光が差し込む窓際など置くようにする。
  • 発芽したら明るい場所に移動させ、本葉が見えたら、プラスチックコップ、ペットボトル、紙パックなどの容器に植え替える。

 

スポンジ栽培に向く野菜

  • バジル、ルッコラ、パセリ、ミントなどのハーブ類

  • レタス、ケール、イタリアンパセリ、パクチー、三つ葉、水菜などの葉物野菜

 

ちなみに、種付けから収穫までに期間は、リーフレタスは1か月半くらい、パセリも1か月半くらい、ラディッシュは1か月くらいだそうです。種から育てても、意外と短時間で収穫ができるのですね♪

 

葉物野菜を自分で作るのは、ちょっとハードルが高いイメージがあったけど、スポンジ栽培ならすぐにでも始められそう。収穫できたら、サラダや料理にもどんどん使ってみたいな。早速、種とスポンジを買いに行かなくちゃ!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:HORTI

   リビングファーム 

   

全部100円ショップでそろえる予定!
全部100円ショップでそろえる予定!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ