人生の先輩たちの名言に学ぶ・2

瀬戸内寂聴さん「あなたは60代で輝かしいほど若い」

公開日:2021/12/24

7

「ハルメク」のインタビューや記事で掲載した人生の先輩たちの名言から、これからの生き方のヒントを学ぶ連載企画。前回に続き今回も、瀬戸内寂聴さんの輝く名言を紹介します。「あなたはまだ60代で、輝かしいほど若い」という寂聴さん。その理由とは?

瀬戸内寂聴さん「あなたは60代で輝かしいほど若い」

できることを見つけては、生き抜いてきました

88歳のとき、背骨の圧迫骨折で起き上がれなくなって、生まれて初めて半年間、寝たきりになったという、瀬戸内寂聴さん。

大病を患い、気分の落ち込みから立ち直れない」という読者に「確かに病気と向き合うことはつらいことで、これこそ本当の孤独を試される試練です。私も『神も仏もないのか』と思うほどのつらさを延々と味わいました。でもあるとき、自分なりの楽しみを見つけたことで、這い上がることができました」とやさしく寄り添います。

実際、病から立ち直った寂聴さんはその後、病気の孤独の中で感じたことを句集『ひとり』(深夜叢書社刊)にまとめ、自費出版したそう。

「振り返ると生まれて1世紀に近い生涯で苦しいことにぶつかったときは、自分が一生懸命になって、できることを見つけては、生き抜いてきました」

生きる意味が必ず見えてくるはずです

去る11月9日に99歳で生涯を閉じた、瀬戸内寂聴さんですが、最期の最期まで作家として書き続けている姿が印象的でした。

もう60歳だから、病気だからと、人生を諦めるのではなく、今の自分に与えられた環境で、好きなこと・楽しいことを見つけて「生き抜く」こと。

「あなたはまだ60代で、輝かしいほど若い。好きなこと、楽しみを見い出すことで、生きる意味が必ず見えてくるはずです」

その言葉通り、人生をまっとうした寂聴さん。生前の言葉に学び、これからを前向きに生きるヒントにしたいものですね。

瀬戸内寂聴さんのプロフィール

せとうち・じゃくちょう 1922(大正11)年、徳島県生まれ。東京女子大学卒業。63年『夏の終り』で女流文学賞受賞。73年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる。92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞受賞。98年『源氏物語』現代語訳を完訳。2006年、文化勲章受章。他に『死に支度』『わかれ』『求愛』『いのち』、句集『ひとり』など著書多数。

■もっと知りたい■

★無料の会員登録をすると記事全文が読めます。会員特典の詳細は「ハルメクWEB」会員登録ページでご確認ください。

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ