作家・寮美千子さんと考える「音に出す言葉の力」#3

少年刑務所で気付いた「人間の本質は優しさ」

公開日:2021/03/20

更新日:2021/05/14

8
会員限定

作家の寮美千子さんは、2007年から16年まで奈良少年刑務所で受刑者の少年たち186人に絵本の朗読や、詩を書く授業を行いました。その中で寮さんは少年たちの書く詩と、その詩に対する彼らの反応に触れ、人間の本質は優しさではないかと気付いたそう。

少年刑務所で気付いた「人間の本質は優しさ」
少年刑務所で気付いた「人間の本質は優しさ」

直球な詩を作った少年は悪い魔法がとけた

直球な詩を作った少年は悪い魔法がとけた

刑務所の少年たちが書いてくれた詩の中に、こんな一編がありました。

「すきな色」
ぼくのすきな色は
青色です
つぎにすきな色は
赤色です

確かに私は少年たちに、「書きたいことが見つからなかったら、好きな色について書いてきてください」と言いました。とはいえ、こんな直球の詩が来るとは思わず、のけぞりそうになりました。コメントに困っていたら、受講生がみんな手を挙げるのです。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ