誰かに頼る勇気、受け止める勇気

佐々木常夫さん「家族のことで一人悩んでいる人へ」

公開日:2020/11/23

15
会員限定

家人のうつ病や娘の自殺未遂、息子の自閉症など家族の苦難を経験し乗り越えた佐々木常夫さん。5人に1人が家族の問題で悩んでいるという日本。人と社会はどうあればいいか、佐々木さんが提言します。※この記事は2014年に書かれたものです。

危機を乗り越えるのに必要なこととは?
危機を乗り越えるのに必要なこととは?

悩みを人に言えないことから心の病へ

私は家族の苦難があったことで、人より少し重い荷物を背負ってはきましたが、おかげで世の中は順調な人生の人ばかりではない、という社会の現実に目を向けることができました。

世の中に悩みを抱える家庭は我が家だけではないと思い知ったのが、ある雑誌に私のインタビューが掲載されたときのことでした。インタビューで私は、家族のこれまでに起きた問題を包み隠さず語りました。すると、掲載後に知人から「実は私の子どもはダウン症です」「うちの子は引きこもりです」「娘がうつ病なんですが……」と次々に打ち明けられたのです。とても驚きました。

日本では今、5人に1人が、家庭で何らかの問題を抱えている、といわれています。そして、悩みを相談したり共有したりできる人がなく、一人でつらい思いを抱えている人がたくさんいるというのが、日本の現状です。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ