もしも親や家族が認知症になったら#2

蛭子能収さん・認知症になっても日々は続いていく

公開日:2024.03.29

更新日:2024.06.22

認知症を公表した漫画家・タレントの蛭子能収さんと、妻の悠加さん。介護保険サービスを利用しながら仕事を続けることになりました。夫婦の関係も以前とは変わったそうです。現在とこれからについてお話を聞きました。

蛭子能収さん・認知症になっても日々は続いていく
左/75歳の誕生日。記念にパシャリ! 右/「よっちゃん(蛭子さんの愛称)」とかけて「よっちゃんイカ」を持ってご機嫌です

介護サービスを利用することは見放すことではない

※インタビューは2022年11月に行いました。

認知症を公表したことを機に、蛭子能収(えびす・よしかず)さんは介護保険サービスを利用するようになりました。とはいえ、悠加(ゆか)さんに葛藤がなかったわけではありません。

「最初に1か月のショートステイに主人を預けることを提案されたのです。正直私は1、2日休めればそれでいい、という気持ちだったので、1か月も主人を預けることに抵抗感がありました。

ですがケアマネジャーさんから...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

\ この記事をみんなに伝えよう /