家でお花見気分を味わうアイデア

家で楽しむ!おうち花見におすすめの桜&抹茶レシピ

公開日:2021/03/29

1

2021年も桜の季節がやってきました。本来なら桜の下でその美しさを満喫したいところですが、コロナ禍の今は家で「おうち花見」を楽しんでみてはいかがでしょうか? 家でお花見気分を味わうのにおすすめの桜&抹茶レシピをご紹介します。

おうち花見おすすめレシピ3選
おうち花見おすすめレシピ3選

2021年春は「おうち花見」を楽しもう!

2021年春は「おうち花見」を楽しもう!

ぽかぽかと暖かい日が増え、春の訪れを感じるこの頃。そんな春の楽しみの一つが“桜”ですよね。ただ、今は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、できるだけ外出は控えたいところ……。

そこで、2021年におすすめなのが、家の中で楽しめる「おうち花見(リモート花見)」です!

例えば、全国各地にある桜の名所に設置されたライブカメラなら、家の中からリアルタイムで現地の桜を楽しめます。

3月下旬に見頃を迎える千鳥ヶ淵目黒川上野不忍池などの東京都内の桜の名所はもちろん、遠方でなかなか実際に足を運ぶことができない場所の桜を見れば、ちょっとした旅行気分も味わえて一石二鳥です。

また、せっかくだからお友達とワイワイ楽しみたいという場合は、それぞれお気に入りの桜の画像を背景に設定して、Zoomを使ったオンライン花見会などを開催してもいいかもしれません。

おうち花見のお供には、見た目にも春を感じる華やかなレシピが最適です。そこで今回は、桜とお茶(緑茶:一番摘みのお~いお茶 1000・抹茶:抹茶グリーンティー)を使ったレシピを3つご紹介します。

お茶の香りも楽しめる!お茶と桜の米粉パン

おうち花見おすすめレシピ1:お茶と桜の米粉パン

茶葉を混ぜ込んだ、お茶の風味豊かな米粉パン。米粉ならではのモチっとした食感と茶葉の相性が抜群です。アクセントに桜の花の塩漬けを添えて、春らしい香りが楽しめるのもポイント。サラダやスープを添えれば、お花見ランチにぴったりです。

材料(6個分)

<生地>

  • 強力粉……130g
  • 米粉……70g
  • ドライイースト……4g
  • 砂糖……12g
  • 塩……3g
  • 水……130~140cc

<A>

  • 無塩バター(室温に戻したもの)……20g
  • 茶葉……5g

作り方・レシピ

  1. ボウルに水以外の生地の材料を入れます。様子を見ながら水を加えて混ぜます。
  2. ある程度まとまってきたら、台に出してこねていきます。2~3分こねたところで、Aの茶葉と無塩バターを包むように練り込んでいきます。
  3. 5~6分こねたら、台に数回叩きつけます。「叩いてはこねる」を繰り返します。生地の表面が滑らかになるまでこねたら、生地を丸めて、粉をふったボウルに入れてラップをして、35度で40分ほど発酵させます。生地が2倍くらいの大きさに膨らむのが目安です。
  4. フィンガーテスト(生地の発酵を確認する方法。人差し指を生地の真ん中に押しあてて穴を作り、指のあとがしばらく残っているのが適度な状態)をして、指のあとがそのまま残れば発酵は完了。
  5. 生地をスケッパーなどで6等分して丸め、乾燥させないようにしながら15分ほど休ませます。桜の花は塩抜きをして水気をふき、長さを整えます。
  6. 天板にオーブンシートをしき、休ませた生地を間隔をあけて並べ、乾燥させないようにして35度で20分くらい発酵させます。2倍くらいになれば、2次発酵が完了です。
  7. 桜の花を中央に押し付けるようにのせて、170~180度のオーブンで12分くらい焼きます。

茶葉を丸ごとおいしく食べる!お茶と桜のマドレーヌ

おうち花見おすすめレシピ:お茶と桜のマドレーヌ

お茶を加えた美しいグリーンが目を引くマドレーヌ。やさしい甘さに桜の花の塩漬けをプラスすることで、ほんのり感じられる塩味は味のアクセントです。食べるとお茶と桜の香りがふんわりと広がって、コーヒーや紅茶はもちろん、緑茶にもよく合います。桜を見ながらのティータイムにぜひ!

材料(12個、6人分くらい)

  • 茶葉……大さじ1
  • 桜の花の塩漬け……20g
  • 卵……2個
  • グラニュー糖……80g

<A>

  • 薄力粉……90g
  • ベーキングパウダー……小さじ1/2
  • 無塩バター……90g
  • はちみつ……15g
  • バニラオイル……少々
  • 型塗り用のバターと強力粉……適宜

作り方・レシピ

  1. 茶葉は、フライパンで空煎りして粗く刻みます。
  2. 桜の花の塩漬けは水に漬けて塩出しし、飾り用に個数分の花を取っておき、残りは花びらを摘みます。
  3. 焦がしバターを作ります。小鍋にバターを入れて中火にかけ、溶けたら弱火にしてこげ茶になったら火からおろし、熱いうちにペーパーを敷いた万能こしを通してこします。
  4. ボウルに卵とグラニュー糖を加えて泡立て器ですり混ぜ、そこに合わせてふるったAを加えて混ぜます。1と2の花びら、3、はちみつ、バニラオイルを加えてツヤが出るまで混ぜ合わせます。ラップをして冷蔵庫で30分以上寝かせます。
  5. マドレーヌ型にバターを薄く塗って強力粉をふり(余分な粉は落とす)、4の生地を型の8分目まで入れて180度に温めたオーブンで約15分焼きます。竹串を刺して生地がついてこなければ、出来上がりです。

「花より団子」なあなたにおすすめ!抹茶だんご

おうち花見おすすめレシピ3:抹茶だんご

お花見の定番スイーツといえば、やっぱりお団子。白玉粉に抹茶を加えることで鮮やかなグリーンに仕上がり、桜とのコントラストもばっちり。モチモチ触感で、食べると抹茶の爽やかな風味が口の中に広がります。そのままはもちろん、きな粉やあんこを添えてアレンジしても楽しめます。

材料(約40個分)

  • 抹茶……大さじ8
  • 白玉粉……200g
  • 水……160cc

作り方・レシピ

  1. 白玉粉と抹茶をよく混ぜます。そこに水160ccを少しずつ加えながら練り混ぜ、耳たぶくらいの固さにします。
  2. 1を丸めて、たっぷりの沸騰したお湯で茹でます。浮き上がったものから冷水に取り、串にさして完成です。

以上、おうち花見におすすめの桜&抹茶レシピでした。ぜひ春を感じられるメニューとともに、家族とおうち花見を楽しんでくださいね。

■もっと知りたい■

レシピ協力:伊藤園 

さくら名所百選紹介ムービーもチェック!

お茶活クラブ カテキンのあるくらし

お茶活とは、日常生活においてお茶を楽しむ活動のこと。毎日抹茶や緑茶を飲むことで、テアニンや茶カテキンなど、お茶に含まれている健康・美容にいい成分を効果的に取り込むことができます。お茶に関する知識やお茶を使った料理レシピをチェックして、あなたも「お茶活」習慣を始めてみませんか?(取材協力:伊藤園)

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ