糖質オフ生活奮闘記12

糖質オフアドバイザーを目指す~筋肉と肝臓の働き~

2020/03/19

2

糖質オフアドバイザーの資格を取ったさいとうさん。糖質がもたらす体への影響を解説します。今回は、健康のためにとっても大切な肝臓の働きについてまとめました。

糖質オフ生活奮闘記

筋肉と代謝と糖質の関係

筋肉と代謝と糖質の関係

糖質オフ生活では、健康的であることを何よりも大切にしています。そのキーワードとなるのが、筋肉と肝臓ですので、今回は糖質と筋肉と肝臓の関係性について触れてみましょう。

人は運動していないときでも、「基礎代謝」を行っています。心臓を動かしたり、呼吸をしたり、全身の筋肉を働かせたりして活動し、一日のエネルギー消費のうち、何と60%が基礎代謝です。

基礎代謝のうち、最大の割合を占めるのが、筋肉によるエネルギー消費で、筋肉量に比例して、消費されるエネルギーが増えます。糖質オフ生活でカギとなる「糖新生」という代謝システムも、筋肉と肝臓が関わっています。

「糖新生」とは、肝臓が脂肪から分解されるグリセロール、筋肉を構成しているアミノ酸などを材料に、体に最低限必要なブドウ糖を作り出す働きで、誰もが持つ共通の代謝システムです。

これにより、糖質制限をしても、低血糖になることはありません。

■筋肉と代謝の働き
1日の総エネルギー消費量の分布
1. 60%基礎代謝(基礎代謝の20%は筋肉による消費)※生命活動を維持するための代謝で、何もしなくても消費されるエネルギー

2. 10%食事誘発熱産生 ※摂食後消化の際に消費されるエネルギー

3. 30%身体活動 ※歩くなど活動によって消費されるエネルギー

◎大きな筋肉はより多くのエネルギーを消費する

肝臓の大切な働き

肝臓

肝臓には、緊急用のエネルギー源として、グリコーゲンという形で糖質が蓄えられていますが、その量はごくわずかですので、体内のブドウ糖が不足すると、糖新生によってブドウ糖を作り出し、全身に送り出します。

■糖新生のメカニズム
体がブドウ糖の不足を感じる
    ↓
筋肉に蓄えられたアミノ酸・乳酸が肝臓に送られる
    ↓
アミノ酸・乳酸を肝臓はブドウ糖に作り変える
    ↓
全身に送り出す

この糖新生があるからこそ、糖質制限を行っても、糖新生により血糖値は一定に保たれます。

糖血糖では、肝臓が筋肉のたんぱく質(アミノ酸)から糖を生み出します。そのため、たんぱく質を十分に摂取しない糖質オフ生活を行うと、筋肉がやせ細ってしまいますので、注意しましょう。

肝臓とアルコール

ビール

肝臓は、アミノ酸や乳酸をブドウ糖に変換する糖新生を行う他にも、アルコールの分解や有害物質の解毒と分解、消化に必要な胆汁の合成と分泌を行う役割があります。肝臓は、以下のように幅広い働きをしますので、アルコールを飲み過ぎないなど、できるだけその負担を減らすことが大切です。

肝臓の働き
★栄養素の変換と貯蓄
★有害物質の解毒・分解
★消化に必要な胆汁の合成・分泌
★アルコールの分解

健康的なアルコールの摂取法
★飲み過ぎない
★ゆっくり飲む
★おつまみと合わせる
★休肝日を作り肝臓を休ませる

アルコールの過剰摂取をすると、肝臓がアルコールの分解を優先してしまい、糖新生が後回しになります。

また、酔うと衝動的に暴飲暴食をしてしまい、糖質制限が実践できなくなるだけでなく、低血糖状態になる可能性もあります。

次回は糖質制限とダイエットです。

参考文献「糖質OFFアドバイザー基礎理論編」大柳珠美監修

さいとうひろこ

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ