夏を乗り切るアレンジがきく洋服、メイク、ハッカ油

夏のおしゃれはコーディネートもメイクもプチ大胆に

蒲池 香寿代
2019/07/23 11

ヘアケア、運動、メイクと、毎日少しの努力を重ねることで、健やかに若々しさを保っている蒲池香寿代さん。今回は、夏のおしゃれのこだわりについて教えてくれました。ハッカ油の使い方は要チェック!

レブロンカラーステイクリームアイシャドウ
【目次】
  1. プラスワンで個性的に
  2. また買ってしまいました!
  3. メイクも夏バージョンに
  4. 「涼」にはハッカ油で

プラスワンで個性的に

スカート

現在お気に入りのコーディネートは、シンプルなトップスやボトムスにベストかオーバースカートを一つプラスするものです。何気ない普通のスタイルが、その日の気分でカジュアルにも華やかにもアレンジできます。長めのブラウスをスカートの上に出して着るとオリジナルのチュニック風になって、変化を楽しめます。両方とも雰囲気を簡単に変えられるので、重宝しています。

気が付いたら、クローゼットの中にはいろいろなカラーと形、素材のものがかなり並んでいます。春夏だけでもスカートは15着ほど、ベスト風も13着あります。自宅では動きやすく、涼しいレギンスを愛用しているので、ミニスカート風に着ています。
 

また買ってしまいました!

ブラウス1

ブラウス2

ベルト

今年は、七分丈で広がった可愛い袖のブラウス2点と、白のオーバースカート、そしてひもで結ぶ幅広布ベルトを購入しました。最近は半袖よりもちょっと長めの袖のトップスに目がいきます。袖から伸びる腕がきれいに見えますし、屋内外ではちょっとした紫外線及び冷房対策にもなります。スリーシーズン着られるところも気に入っています。
年齢的にちょっと可愛すぎるかしらと諦めずに、着たい洋服は自分に合う着こなしの工夫で、どんどんチャレンジします。

新たに加わったアイテムが手持ちの物との組み合わせで、どんな風にアレンジできるか思案中です。オリジナルのコーディネートが増えるかもしれないと思うとワクワクします。
 

メイクも夏バージョンに

ラメの入ったクリームシャドウ
レブロンカラーステイクリームアイシャドウ

少し大胆になるこの季節、カラフルな服に合わせて、目元、口元にも鮮やかなカラーで青春時代にプレイバック。そしてラメの入ったクリームシャドウでキラキラ感の華やかさにもトライ、もちろん控えめに。

夏はどうしても汗で化粧崩れしやすくなります。よれたらティッシュで軽く押さえ、日焼け止め、ファンデーションの順で薄付きにのせれば、紫外線対策も化粧直しもバッチリです。とはいえ、汗をかきすぎない工夫は必要ですね。
 

「涼」にはハッカ油で

ハッカ油

ハッカ油はハッカソウとミントを乾燥させて、抽出した天然の植物油です。蒸発する際に周囲の熱を奪うので、涼しさを感じます。また菌の繁殖や臭いを防いでくれるので、体にシュシュっと吹き付ければ、クールダウン。汗臭さもフレッシュなミントの香りでカバーしてくれる夏場のお助けグッズです。ただ刺激が強いので、顔まわりにはNGです。

作り方はとても簡単で、スプレーボトルに水を入れハッカ油を数滴落としたらでき上がりです。私のお気に入りのひまし油と同様、ハッカ油もYouTuberのスモールママの紹介で知りました。

涼だけではなく、気分転換、消臭マジック、万能クリーナー、リネンウォーター、衣装箱の匂い袋など、アイディア次第でいろいろな使い方ができます。身近なところにあちこちボトルで置けば、手軽に使えますね。

家族の中で私だけが異常に蚊に刺されるので、今年は無水エタノールをプラスした天然虫除けスプレーを網戸にかけようと思います。今年はかゆみの少ない夏になりますように。

 

蒲池さんの記事をもっと読む
 

蒲池 香寿代

東京都 /58歳
東京都 /58歳

大分県生まれ。小学校の時に恩師の先生との日記を機に何かしら記録することが習慣になっていました。結婚後は家計簿日記と運動不足解消の体操が日課になっています。元気なうちに念願のキャンピングカーで日本全国を横断するのが夢です。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ