“家のこと”を楽しく素敵にするヒントがいっぱい

もっとおうちを楽しもう「けん玉&トランポリン」

ひなたぼっこ
2019/10/21 19

ひなたぼっこさんが実践している、日々の健康法「けん玉&トランポリン」について紹介していきます。

けん玉&トランポリン
【目次】
  1. 「人生100年時代」などと聞くと気が遠くなります。
  2. 「けん玉、いいかも?」
  3. 「トランポリン」

「人生100年時代」などと聞くと気が遠くなります。

もうすぐ67歳の私。体に不具合がなく、両親も長生きで、この分だと100歳はすぐかもしれません。

親の世代をみてきて、やはり望みはPPK(ピンピンコロリ)。最後まで自分の脚で歩けて自立して暮らしてゆけるよう願っています。

そのため、ちょとしたすきま時間にできる「体にいいこと」を常にさがしています。
そんな中で今回は、「けん玉とトランポリン」について書いてみたいと思います。

「けん玉、いいかも?」

けん玉

イベント会場に行った際、木工品のワゴンにけん玉を見つけ、懐かしく感じて買ってみました。

最初は何回かに一回の成功率なのですが、コンという快音とともに皿に玉が収まって上手くいったときの快感といったら……思わずガッツポーズです!

「今日の運試し」とばかり、朝一番一回のけん玉が日課。どれどれ……と参戦してくる夫と競って笑い合います。

朝一番一回のけん玉が日課

けん玉を昔の遊びと侮るなかれ! 集中力と動体視力のトレーニングになり、シニアの脳トレや認知症の予防にも効果があるそうです。膝の屈伸運動になるリズミカルな動きは気分も明るくしてくれます。

紅白歌合戦で演歌歌手の三山ひろしさんがけん玉をしながら歌ってましたっけ……そこまでの道のりは遠いですが、技もいろいろあり奥が深いものなのです。

「トランポリン」

トランポリン

もうひとつ、2019年春からのお気に入りは「トランポリン」。

料理研究家の野口真紀さんのライフスタイルを書いた本の中で    トランポリンが紹介されていて気になっていました。

子供もいっしょに楽しめ、5分間で1kmのジョギングと同じ運動量になるとか。ジムでもトランポリンのエクササイズを取り入れているところもありまよね。

気になる家庭用トランポリンの大きさは、直径1mほどで専用マットもあります。さっそくアマゾンで購入。

トランポリン

高くジャンプするわけではありませんが、弾む感じは心地よく、ちょっとした空き時間のお手軽エクササイズで体幹が鍛えられて、とても気に入っています。

77歳の料理研究家、村上祥子さんの著書「60歳からはラクしておいしい頑張らない台所」
を読んでいたら、やはりトランポリンを愛用と書いてありました。あのお元気の秘訣のひとつかもしれませんね!
というわけで、またまた日課のエクササイズがふえて、パワーアップの秋なのです。

ひなたぼっこ

東京都 /67歳
東京都 /67歳

2018年に結婚40周年となる夫と二人暮らし。5度の引越しを経て夫の生家をリフォームした今の住まいは14年目。趣味は料理、掃除、庭仕事と読書、絵や文章を書く事。どうすればより快適に暮らせるかを考え家事を楽しんでいます。若い時に大病したからこそ健康で美味しい物を美味しくいただける毎日に幸せを感じます。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ