50代)食事のプチストレスが減りました

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム3つ

公開日:2023.09.26

更新日:2023.09.26

ミニマリストを目指している50代のわたしですが、なぜミニマリストになりたいのか? と考えたら何よりも「ラクをしたい」という気持ちが大きいことに気づきました。そこで最近、ラクをするために小さくしたものをご紹介します。

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム その1 味噌汁椀

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム その1 味噌汁椀

最近、味噌汁が全部飲み切れずモヤっとしていました。

「よく考えたら小さい茶碗でいいんじゃない?」そう思い、夫とおそろいだった茶碗をやめて小さめで好みの味噌汁椀を購入。

そうしたら残すことなく全部飲み干せて、気分もスッキリしました。

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム その2 ごはん茶碗

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム その2 ごはん茶碗

少し前にお気に入りを割ってしまい、次男が使っていた茶碗を代用していました。実は50代後半になってお米自体あんまり量が食べれなくなっていました。

大きな器に少しだけご飯を盛ったつもりでも、必ず一口残ってしまうんです。そこで味噌汁椀に続いて小さいものを購入しました。

見た目は本当に小さいですが、ごはん100gでも多く感じるわたしにはちょうどいい。完食できるようになり罪悪感を感じなくなりました。

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム その3 トレー

「サイズダウンで軽やかになった」アイテム その3 トレー

ご飯は毎食1人ずつセットにしてトレーに乗せています。

これまで使っていたニトリのトレーが劣化したついでに、自分用を小さめのトレーに買い替えました。

小さい味噌汁椀にごはん茶碗、それらを乗せてもちょうどいい。

サイズダウンで食事のプチストレスが減りました

サイズダウンで食事のプチストレスが減りました

若いころと違い、そんな量は食べなくなったわたし。中身に合わせて器を小さくしたら扱いやすくなり、ちょっとしたストレスが減りました。

実はこの記事を書くまでそんな「罪悪感」を感じてたことに気づきませんでした。あるものをなんとなく使っていたお茶碗。それがストレスの原因になっていたなんて。

また、主人はまだ若いころと同じくらい食べているのでお皿までは小さくできないなぁと思っていましたが、わたしのものだけ小さくしてもいいんですよね♪

今のわたしのちょうどいいに合わせて、これからもブラッシュアップしていきたいと思います。

■もっと知りたい■

ことりんご

ブログ「ゆるはぴ」でミニマリストな50代の暮らしを発信中。HSPで毒親育ちなわたしは、つらい時期を経て現在「ゆるくてハッピー」な毎日を送っています。みなさまにそのエッセンスをお伝えできたらと思います♪ 趣味はブログ・読書・ダンス・水泳。電子書籍を3冊出版しています。

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ