脳を鍛えてもの忘れ&認知症を防ぐ!#6

【脳トレクイズ5】顔写真から違う人を探して脳を刺激

公開日:2022/02/16

1
会員限定

脳の運動不足を解消し、もの忘れや認知症を防ぐためには、脳トレが効果的。そこで、認知症研究の第一人者・朝田隆さんがすすめる脳トレクイズを出題していきます。今回は、顔写真の中から一人だけ違う人を探し出し、人の顔を認識する顔細胞を刺激します。

【脳トレクイズ5】顔写真から違う人を探して脳を刺激

人の顔を認識している顔細胞は徐々に衰える

人の顔を認識している顔細胞は徐々に衰える

「脳には、記憶力、集中力、推論力の他、段取りする力、方向を理解する力、特定の何かを探し出す力など、多様な力が備わっています」と医師でメモリークリニックお茶の水院長・理事長の朝田さんは説明します。コロナ禍で外出や人とのコミュニケーションが減って脳が運動不足になると、こうした力は低下しがちです。

脳を活性化させる問題を解くことで、運動不足を解消しましょう。

今回出題するのは、顔写真の中から一人だけ違う人を探し出すクイズ。私たちは前頭葉と側頭葉にある顔細胞で人の顔を認識していますが、この機能は徐々に衰えます。クイズで鍛えていきましょう。

問題:写真の女性の中から違う人を見つけてください

一人だけ違う人が交ざっています。どこにいるでしょうか?

問題:写真の女性の中から違う人を見つけてください

正解は……



↓...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ