ハルメク編集長・山岡の「仕事も育児も七転び八起き」

新年をすっきり過ごすために、始めたい「3つの習慣」

山岡 朝子

ハルメク編集長・山岡朝子が最新号のご紹介、キャンペーンやイベントなど「ハルメク」にまつわる情報をお届けします。今回は2月号の内容をご紹介。新年から始めたい習慣、樹木希林さん、パリ、終活、菊池和子さんのインタビューなど豪華な新年号なんです。

ハルメク2月号「ためこまない新習慣」
【目次】
  1. 今こそ始めよう!「ためこまない新習慣」
  2. ハルメク2月号には、特集以外にもみどころいっぱい!
  3. テレビで話題のきくち体操もハルメクなら毎月読めます

今こそ始めよう!「ためこまない新習慣」

こんにちは。こちらのコラムを覗いてくださり、ありがとうございます。

雑誌「ハルメク」の編集長として、最新号のみどころなどをご紹介しています。「ハルメク」は50代からの女性のための生活実用誌で、書店ではお求めになれません。読んでみたいな!と思っていただいたら、雑誌ハルメクのサイトをご覧くださいね。

さて、2019年の最初にお届けするハルメク2月号は、新年号らしいスペシャル企画をたくさん詰め込んでお届けします。

まず大特集は「今年こそ始めよう!ためこまない新習慣」。
 

大特集は「今年こそ始めよう!ためこまない新習慣」

 

家に無駄なものをためこまない、心にイライラやモヤモヤをためこまない、巡りの良い体で健康的に暮らす――。

そんな毎日を今こそ叶えたくて、今すぐできる小さな習慣をたくさん集めました。ためこまない、気持ちのいい生き方・暮らし方のお手本として、樹木希林さんの特集もお届けします。

ちなみに、たくさんご紹介している習慣のなかでも、私のお気に入りは、「鶏がらスープ&寝かせ玄米」の習慣。肩こりや疲労などの不調を解消する健康スープと、「寝かせる」ことで滋味が増す玄米のすすめです。

どちらも意外と簡単で効果はてきめん! まずは週に一度からでも始めてみてはいかがでしょう。
 

 

ハルメク2月号には、特集以外にもみどころいっぱい!

第2特集は「パリの女性は年を重ねるほどに美しい!」。
 

パリ在住の4人の女性の暮らしぶりから、60代、70代以降を自分らしく生きるためのヒントを探ります。

大人の女性であることを楽しみ続ける、華やかなファッションやインテリアも必見です。
 
さらに第3特集は「終活」。
 

えっ、新年早々、終活!? と思った方、そうおっしゃらずにぜひお読みください。
お金のこと、お葬式のこと、お墓のこと。ついつい後回しにしがちだけれど大事なテーマです。新年だからこそじっくりと考えてみる好機になることでしょう。
 

テレビで話題のきくち体操もハルメクなら毎月読めます

年末のテレビ番組で「きくち体操」をご覧になった方も多いのでは? 

ハルメクは10年前から「きくち体操」を毎月連載中! 特に2月号では、創始者・菊池和子さんのスペシャルインタビューもお届けしますよ。
  

さらに、人気連載「きものリフォーム」は、かねてよりご要望の多かった作務衣の作り方をついに掲載! 実物大型紙のネットプリントサービスもありますから、家で眠っている着物を使って、ぜひ作ってみてくださいね。

ほかにも、「皇后美智子さまの歩みとともに振り返る昭和・平成」や、「2017年のノーベル平和賞の授賞式でスピーチをしたサーロー節子さんのスペシャルインタビュー」など、一年の始まりにふさわしい特別な号になりました。

ぜひじっくりとお楽しみください。

2月号からの年間定期購読のお申し込みは、1月8日から「雑誌ハルメクのサイト」でお手続きいただけます。今なら、年間定期購読をお申し込みの方全員に、もれなく、かわいい花柄バッグをプレゼントしています。

        

山岡 朝子

やまおか・あさこ 「ハルメク」編集長。ハルメクに入社する前は、総合出版社にて、主に暮らしや住まいの雑誌の編集長を歴任。料理のコツや片づけ術などに詳しくなったが、実生活に生かせていないのが残念。夫と男児と3人暮らし。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメク編集長からのお便りメールを受け取る

雑誌「ハルメク」の編集長から、最新号の見所や制作時の裏話を毎月1回お届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ