山本ふみこさんが選んだエッセーの紹介とQ&A動画

山本ふみこさんエッセー通信講座第2回参加者の5作品

公開日:2020/11/30

5

随筆家の山本ふみこさんが講師を務めるハルメクのエッセー通信講座。参加者の作品から山本さんが選んだエッセーを紹介します。第2回の作品のテーマは「雲」。日本各地、時には海を越え暮らしを営んできた女性たちによる魅力的なエッセーをお楽しみください。

通信制 山本ふみこさんのエッセー講座(第2回)

山本ふみこさんが選んだ5つのエッセー

クリックすると、作品と山本ふみこさんの講評をお読みいただけます。

「雨雲レーダー」中村富子さん
昭和30年代の話である。私は小学校の低学年。その年の夏、泳げるようになりたいと……

「黒い雲」仁科あかねさん
ドイツに旅行したのは、2001年の夏だった。帰国してまもなく同時多発テロが起き……

「白く光るもの」丹羽由実さん
「UFOだ!」校庭脇の階段は、児童で埋め尽くされている。皆、一様に西の方……

「雲、雲、雲」原田彰子さん
令和2年7月4日、熊本県は豪雨に襲われた。次々と発生する積乱雲が一列の……

「逃げ足」三澤千惠子さん
夏の終わりに、見晴らしのいいところでコーヒーを飲もうと意見が一致して……

 

エッセーに関する質問・お悩みに動画で回答


通信制エッセー講座の参加者から寄せられた質問やお悩みに、山本さんが動画で回答します。

今回は句読点、タイトルの付け方など、意識することでレベルアップを目指せる「エッセーのヒント10」です。

 

随筆家・山本ふみこさんのプロフィール

「エッセーの書き方講座」講師の山本ふみこさんとは?

1958(昭和33)年生まれ。出版社勤務を経て随筆家に。ハルメクでは連載「だから、好きな先輩」やエッセー講座(会場開催と通信制)の講師でおなじみ。著書に『朝ごはんからはじまる』『まないた手帖』(ともに毎日新聞社刊)『おとな時間の、つくりかた』(PHP文庫刊)『暮らしと台所の歳時記 旬の野菜で感じる七十二候』(PHP研究所)『こぎれい、こざっぱり』『台所から子どもたちへ』(ともにオレンジページ刊)『家のしごと』(ミシマ社刊)ほか多数。公式ブログはhttp://fumimushi.cocolog-nifty.com/

ハルメクの通信制エッセー講座とは?

全国どこでも、自宅でエッセーの書き方を学べる通信制エッセー講座。参加者は毎月1回出されたテーマについて書き、講師で随筆家の山本ふみこさんから添削やアドバイスを受けます。書いていて疑問に思ったことやお便りを作品と一緒に送り、選ばれると、山本ふみこさんが動画で回答してくれます。第1期が2020年8月にスタート。

講座の受講期間は半年間。次回の参加者の募集は、2020年12月10日(木)に雑誌「ハルメク」の誌上とハルメク旅と講座サイトで開始予定。募集開始のご案内は、ハルメクWEBメールマガジンでもお送りします。ご登録は、こちらから。

山本ふみこさんと青木奈緖さんの対談イベントの参加者募集中!

山本ふみこさんと、明治の文豪・幸田露伴から続く作家の家で育ったエッセイストの青木奈緖さん。ハルメクのエッセー講座の講師を務めるお二人が書くことの魅力を語る対談を12月6日(日)にオンラインで開催します。
二人が書くことをおすすめする理由や、作家が自らの書き方について話し合う珍しいトークもあります。自分でも書きたいと思っているけれど、きっかけがなかった方も必見。詳しくはこちらをご覧ください。


 

ハルメク旅と講座

ハルメクならではのオリジナルイベントを企画・運営している部署、文化事業課。スタッフが日々面白いイベント作りのために奔走しています。人気イベント「あなたと歌うコンサート」や「たてもの散歩」など、年に約200本のイベントを開催。皆さんと会ってお話できるのを楽しみにしています♪

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ