年を重ねても輝ける心と体に大切なこと

心療内科医・姫野友美さんに教わる大人女性の「栄養」

和田聡子
2019/10/02 35

“おいしくて体が元気になる食”を全国から集め、ご紹介している「ハルメク 健康と暮らし」。全国各地を取材で飛びまわる編集部が、本誌では紹介しきれなかった 食生活や暮らしのヒントをお伝えします。今回は編集部・和田がレポートします。

心療内科医・姫野友美さん
【目次】
  1. いつまでも続く「若さ」を作る「栄養療法」
  2. 栄養指導でうつやパニック障害が改善
  3. 50代女性こそ、栄養状態を整えて
  4. 「回復が早い」ことが栄養療法のよさ
  5. 姫野さんの著書はこちら

いつまでも続く「若さ」を作る「栄養療法」

クリニックでの診療、テレビ番組「主治医の見つかる診療所」(テレビ東京)などへの出演、取材対応と、忙しい毎日を送る心療内科医・姫野友美さん。「ハルメク 健康と暮らし」10月号の取材のために、私たちが「ひめのともみクリニック」を訪れたのは、夜の8時を過ぎた頃でした。

実は、編集部と姫野さんとのお付き合いは、かれこれ10年以上。この日も診察後で疲れていらっしゃるはずなのに、編集部が感じたのは「最初にお会いしたときと全然変わっていない!」ということ。お会いするたび、以前と変わらない若々しさに驚かされます。

姫野さんは、現在65歳。

「おやつの撮影用に、お皿を出しましょうか?」と私たちを気遣い、テキパキと撮影小物をご用意くださる姿も、くすみのない明るい顔色も、元気そのもの。

この若々しい姿こそが、姫野さんが伝える「食(栄養)のバランスを整えること」の重要性を物語っています。

 

栄養指導でうつやパニック障害が改善

姫野さんが栄養の大切さに行きついたのは、あらゆる治療を行っても改善しない患者さんの存在でした。患者さんをどうすれば治せるか悩むなかで、「栄養療法(オーソモレキュラー医学)」に出合います。

姫野さんがご自身の専門である心療内科での治療に取り入れているのは、「分子整合栄養学医学」に基づく「栄養療法」。

「人間の体は食べ物からの栄養で成り立っている。体内分子(栄養)を正常な状態に整えれば細胞が活性・修復を行い、その結果、自然治癒力が高まる」というものです。

心療内科医・姫野友美さんのクリニック

 

例えば、うつ病やパニック障害などの治療はストレスの回避や休息、投薬などが主流ですが、「栄養療法」では、脳に必要な栄養素・アミノ酸(たんぱく質)の補給指導などを行います(※人により必要な栄養素は異なります。正確に知るには血液検査が必要)。


この「脳への栄養補給」で脳の神経伝達機能が回復し、今まで改善しなかった患者さんも、心と体が前向きに変わっていったそう。

「食事を変えるだけで、認知機能が上がる方も多い。それほど、栄養は大切なんです」

栄養不足は縁遠いことではなく、毎日の食事だけでは栄養が足りていないシニアの方や、カロリーは取っていても食品の偏りで栄養が取れていない方など、意外に多いそうです。

姫野さんご自身もこの治療法に50代のときに出合い、食生活にいち早く取り入れたのだとか。

「自分のそれまでの不調が改善されて、この療法のすごさを身をもって感じました」

 
 

50代女性こそ、栄養状態を整えて

「ひめのともみクリニック」には、心と体の悩みを抱える50代の女性が多く受診にくるとのこと。

「50代は子どもの独立などで役割や目的の喪失を感じやすい時期で、加えて閉経など体の変化も起きてきます。脳の機能としてはドーパミンやセロトニンが減ることで、トキメキが少なくなり、イライラや集中力の低下が起きます。たんぱく質や各種ビタミン、鉄、カルシウムなどを積極的にとるとよいですね」

「また、コレステロール値を気にして肉や魚、卵などの動物性食品を抑えすぎる方がいますが、これは逆効果です。コレステロールはたんぱく質と同様に女性ホルモンやストレスに対抗するホルモンのコルチゾール、細胞の膜などの材料にもなるからです。良質な動物性食品も意識して取ってください」

心療内科医・姫野友美さん

物覚えの悪さも、すぐれない気分も疲れやすさも、毎日の食事やおやつ、間食で上手に栄養を取ることによって改善する可能性が高いのです。年だから仕方ないと諦めず、できることをやってみてはいかがでしょうか。

 

「回復が早い」ことが栄養療法のよさ

「栄養療法の一番のよさは、体と心が回復するための土台を作ってくれることだと思います。誰だって疲れることもあるし、嫌なことがあれば体が反応してパワーダウンもします。でも、土台がちゃんとしていれば復活することができますから」と、姫野さんは言います。

「私だって、ガックリと落ち込むことも病気になることもありますよ。それは生きていれば仕方がないことですよね。でも、翌朝には、“何とかなる”と元気になれます。栄養状態が良いと、復活のパワーが衰えないんです」

「ハルメク 健康と暮らし」10月号では、姫野さんが栄養のことも考えてご自身が普段食べているおやつ(間食)についても、お聞きしています。栄養豊富なナッツ類、たんぱく質が取れる卵や豆乳など、すぐに取り入れられる食品ばかりです。

ハルメクでも人気。おやつで栄養補給ができる「ナッツ&フルーツ」は50代からの女性の強い味方。
ハルメクでも人気。おやつで栄養補給ができる「ナッツ&フルーツ」は50代からの女性の強い味方。

年を重ねて、ますますパワフルに生きる姫野先生。何を食べるかの選択はどんな毎日、ひいてはどんな人生を送るかの選択なのかもしれません。

姫野さんの著書はこちら

元気に毎日を送る心と体を作る食べ方を、もっと深く知ることができる姫野さんの著書もおすすめです。

『心療内科に行く前に食事を変えなさい 疲れた心に効く食べ物・食べ方』(1333円+税/青春出版社刊)

 

『美しくなりたければ食べなさい 魅力的になる「秘密の方程式」』(700円+税/三笠書房刊)


ひめ のともみクリニックのホームページはこちら    

和田聡子

今年ハルメクに入社したばかり、「ハルメク 健康と暮らし」健康食品担当で、新しい日々に奮闘中。趣味は占星術で、世界中の占星術家が集まりセミナーを行う大会にイギリスまで行き参加したことも。「人参通信」では、毎月の星占いを担当しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメク通販メールマガジンを受け取る

化粧品、食品、洋服……50代以上の女性のための商品が揃う「ハルメク通販サイト」からお得な情報をお届け。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ