上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ・14

トメサイズ8:夏バテ解消!心と体を整える3つの方法

公開日:2021/08/21

更新日:2021/10/19

14
会員限定

イラストレーター・上大岡トメさんが老化について学び、50歳からを楽しむ生き方のアイデアを紹介する連載企画「老いを楽しむ!生き方のタネ」。1回2分で心と体をケアする「トメサイズ」第8回は、「夏の疲れをとる方法」をご紹介します。

トメサイズ8:夏バテ解消!心と体を整える3つの方法

暑い夏の疲れを取ってリフレッシュしよう!

近年の夏の暑さは、どうかしています。でも、そのどうかしている暑さに、やられっぱなしは悔しい!

私は暑さが苦手で、毎年8月の終わり頃、「夏バテ」をします。不調の出発点は胃腸。消化不良、食欲不振が始まると、カラダのいろんなところに1kgの鉄アレイをつけたように全身がだるくなり、9月に入る頃にはやる気もすっからかん。

暑い夏の疲れを取ってリフレッシュしよう!
コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)より

最近原因の一つに気が付きました。それはカラダの「冷え」(夏なのに!)。

外に一歩出れば、瞬間に汗が吹き出すほどの暑さ。でも建物や電車の中はエアコンで冷えています。その温度差を行ったり来たりしていると、カラダが「今は夏なの?それとも冬なの?」と混乱し、血流や気のめぐりが悪くなってきます。

すると、まず内臓がしんどくなる。そこに冷たい食べ物や飲み物が詰め込まれたら……胃腸がやられるわけですよね。

でも2年くらい前から、以下の3つのことを始めたら、夏バテしなくなってきました!

  1. 定期的にカラダの中から温める
  2. 定期的にカラダの外から温める
  3. とにかく眠る

この夏の疲れを取る3つの方法&ポイントを順番に紹介します。

上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ
「上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ」記事一覧はこちら

夏バテ解消法1:カラダの中から温める

まずは、3日に一度は温かいものを食べること! 飲み物は常温、もしくはホットにして、冷たいものはごほうび程度に(ビールを減らしました)。胃腸の調子が変!というときは、揚げ物・辛いもの・甘いもの・なま物は避けましょう。

私がよく食べるのが「参鶏湯もどき」です。

上大岡トメ流「参鶏湯もどき」

韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)は、鶏肉と漢方食材を煮込んで作るスープですが、上大岡トメ流「参鶏湯もどき」は...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

上大岡トメ

1965年、東京都生まれ。東京理科大学卒。イラストレーター。山口県宇部市在住。著書に『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』など多数。最新刊は、コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)。
★最新情報は、上大岡トメさんのトメサイズインスタTwitterもチェック!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ