上大岡トメの老いを楽しむ!生き方のタネ・14

トメサイズ8:夏バテ解消!心と体を整える3つの方法

公開日:2021/08/21

12

イラストレーター・上大岡トメさんが老化について学び、50歳からを楽しむ生き方のアイデアを紹介する連載企画「老いを楽しむ!生き方のタネ」。1回2分で心と体をケアする「トメサイズ」第8回は、「夏の疲れをとる方法」をご紹介します。

トメサイズ8:夏バテ解消!心と体を整える3つの方法

暑い夏の疲れを取ってリフレッシュしよう!

近年の夏の暑さは、どうかしています。でも、そのどうかしている暑さに、やられっぱなしは悔しい!

私は暑さが苦手で、毎年8月の終わり頃、「夏バテ」をします。不調の出発点は胃腸。消化不良、食欲不振が始まると、カラダのいろんなところに1kgの鉄アレイをつけたように全身がだるくなり、9月に入る頃にはやる気もすっからかん。

暑い夏の疲れを取ってリフレッシュしよう!
コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)より

最近原因の一つに気が付きました。それはカラダの「冷え」(夏なのに!)。

外に一歩出れば、瞬間に汗が吹き出すほどの暑さ。でも建物や電車の中はエアコンで冷えています。その温度差を行ったり来たりしていると、カラダが「今は夏なの?それとも冬なの?」と混乱し、血流や気のめぐりが悪くなってきます。

すると、まず内臓がしんどくなる。そこに冷たい食べ物や飲み物が詰め込まれたら……胃腸がやられるわけですよね。

でも2年くらい前から、以下の3つのことを始めたら、夏バテしなくなってきました!

  1. 定期的にカラダの中から温める
  2. 定期的にカラダの外から温める
  3. とにかく眠る

この夏の疲れを取る3つの方法&ポイントを順番に紹介します。

夏バテ解消法1:カラダの中から温める

まずは、3日に一度は温かいものを食べること! 飲み物は常温、もしくはホットにして、冷たいものはごほうび程度に(ビールを減らしました)。胃腸の調子が変!というときは、揚げ物・辛いもの・甘いもの・なま物は避けましょう。

私がよく食べるのが「参鶏湯もどき」です。

上大岡トメ流「参鶏湯もどき」

韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)は、鶏肉と漢方食材を煮込んで作るスープですが、上大岡トメ流「参鶏湯もどき」は鶏ガラスープの素を使ったお手軽メニュー。

とにかくカンタンなのに、おいしい! 夏はなるべくキッチンに立つ時間を短縮したいので、時短メニューという点でもおすすめです。

夏バテ解消メニュー「参鶏湯もどき」の作り方

材料(2〜3人分)
 

夏バテ解消メニュー「参鶏湯もどき」の材料

  • 鶏手羽元……6〜8本
  • 白ネギ……1本
  • 生姜……ひとかけ
  • 米……大さじ4
  • 鶏ガラスープの素(お好みで)
  • 水……600cc
  • 塩……小さじ1/3
  • 薬味(ミツバや小ネギなど、緑のもの)

作り方・レシピ

夏バテ解消メニュー「参鶏湯もどき」の作り方

  1. 米を水にひたす。
  2. 手羽元は、骨に沿って2cmくらい切れ目を入れる。白ネギは、斜めに7mmほどスライス。ショウガも薄くスライス。
  3. 1・2と、残りの材料を大きめの鍋に入れる。フタをして中火にかけ、沸騰したら1回底からかき混ぜて、弱火にして15分くらい。火を止めて10分。
  4. 器によそって薬味をトッピングしたら、出来上がり!

ショウガとネギが入ったスープは滋味深い味わいで、食べるとカラダの芯から温まります。

夏バテ解消法2:カラダの外から温める

以前は、暑いとシャワーで終了!でしたが、1週間に1回は湯舟に入るようにしました。そして浴槽の中では、血行改善のために、このトメサイズがおすすめです。

肩甲骨を動かすトメサイズ

  1. お湯に浸かって、肩甲骨周辺を温める。

    肩甲骨を動かすトメサイズ:手順1(肩甲骨を温める)

  2. 肘を曲げて、脇を締める。手の平は天井に向ける。

    肩甲骨を動かすトメサイズ:手順2(脇を締めて、手の平は上に向ける)

    そのまま、ひと息吸って……
     
  3. 吐く呼吸で肩甲骨を左右からぎゅっと寄せるように、左右の肘を近づける。

    肩甲骨を動かすトメサイズ:手順3(左右の肩甲骨を寄せる)

  4. 吸う呼吸で、元に戻る。

このトメサイズを、呼吸に合わせて5セットやるのを目標に。浴槽の中でのんびり呼吸をしながら行うことで、自律神経が整います。

夏バテ解消法3:いつもより1時間早くベッドに入る

夏バテ解消法:早寝する・睡眠時間を確保する

お風呂から出たら、最後はコレ! 睡眠時間を十分にとることって、実はとてもハードルが高いのです。やることが多いと、ついつい睡眠にしわ寄せがいってしまう。

でも、体がバテているときは、何をおいても睡眠が一番大切!「1週間限定」など、期間を決めて、その間は最優先課題=睡眠にして生活しましょう。

1時間が無理なら、30分でも早く。少なくとも日付が変わる前には、ベッドに入るのです。

夏の終わりから、秋のおいしいものたちがお店に姿を見せ始めます。それらを堪能するためにも、元気に夏を乗り切りましょう! 次回からは、介護予防に役立つ「トメサイズ」を紹介します。

著者プロフィール:上大岡トメ

上大岡トメ


かみおおおか・とめ 1965(昭和40)年、東京都生まれ。東京理科大学卒。イラストレーター。山口県宇部市在住。著書に『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』『ずさんな家計を整えました。』『子どもがひきこもりになりかけたら』『日本のふくもの図鑑』など多数。最新刊は、コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)。

★最新情報は、上大岡トメさんのトメサイズインスタTwitterもチェック!

構成=竹下沙弥香(ハルメクWEB)

■もっと知りたい■

上大岡トメさんの著書が待望の文庫化!10名にプレゼント

文庫『老いる自分をゆるしてあげる。』10名様分

トメサイズ連載でも大人気! 50代のイラストレーター・上大岡トメさんが、自身の老化に真正面から向き合いながら描いた大人気コミックエッセイが、文庫版でも発売されました。そこで、ハルメクWEB会員登録者を対象にしたプレゼントをご用意。文庫『老いる自分をゆるしてあげる。』を抽選で10名様に差し上げます。ぜひご応募ください!

>>文庫『老いる自分をゆるしてあげる。』のプレゼント応募はこちら

上大岡トメ

1965年、東京都生まれ。東京理科大学卒。イラストレーター。山口県宇部市在住。著書に『キッパリ! たった5分間で自分を変える方法』など多数。最新刊は、コミックエッセイ『老いる自分をゆるしてあげる。』(幻冬舎刊)。
★最新情報は、上大岡トメさんのトメサイズインスタTwitterもチェック!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ