横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・8

おしゃれなアクセサリーの使い方&簡単リメイク術

公開日:2021/02/10

更新日:2021/03/29

7
会員限定

ファッションデザイナー・横森美奈子さんが、50代・60代女性におしゃれのコツをアドバイスする連載企画。今回のテーマは、アクセサリーの使い方。古いアクセサリーも工夫次第で今風に!おしゃれな活用方法と簡単リメイク術を紹介します。

おしゃれなアクセサリーの使い方
おしゃれなアクセサリーの使い方

アクセサリーの使い方でおしゃれに見せるコツは?

クローゼットや引き出しの中にしまい込んだまま、ほとんど活用していないアクセサリーはありませんか? お金も手間もかけず、ちょっと工夫するだけで、おしゃれに生かすことができるんです。

おしゃれのコツ1:シンプルなネックレスは重ねづけ!

例えば、この黒の一連ネックレス。シンプルなワンピースに合わせただけだと、ちょっと素っ気ない印象です。

NGなアクセサリーの使い方:ただ付けただけ
Before:“つけただけ”では地味な人になってしまいます

そこで、自分で作ったビーズネックレスを2本重ねて、コサージュをプラス。華やかな感じになりました!

おしゃれなアクセサリーの使い方:ネックレスは重ねづけ
After:“重ねづけ+コサージュ”で大人っぽく華やかに

おしゃれのコツ2:ネックレスは長さのバランス調整を

色がキレイで買った、長さが中途半端なネックレスは、留め具に黒のスエードひもをつけてロングネックレスに。

NGなアクセサリーの使い方:長さが中途半端
Before:長さが中途半端なネックレス
おしゃれなアクセサリーの使い方:革ひもで長さを調整
After:バランスがよくなり、後ろのリボン結びもアクセントに!

おしゃれのコツ3:指輪はペンダントにリメイクも

祖母、母がしていたトルコ石の指輪は、デザインが古いのでペンダントに。シルバーやゴールドに革ひもを重ねても、カジュアルで素敵です。

おしゃれなアクセサリーの使い方:指輪をリメイク
指輪はリメイクしてペンダントにするのもおすすめ

古いアクセサリーも工夫次第で今風に

50代・60代の女性は、絶対にアクセサリーをつけた方がいいんです。年を重ねて肌がくすみ、顔ヂカラも弱くなっているのですから、ただシンプルに服を着たら寂しく見えてしまうだけ。

私はネックレスの重ねづけをデフォルト(標準装備)としていて、つけなければ出掛けられないほど頼っています(笑)。

まずは、手持ちのアクセサリーを見直してみませんか?

古いものしかなくても大丈夫。どっちみち眠っていたアクセサリーなのですから、遊び心で工夫して今風に蘇らせましょう。

面倒なテクニックはいりません。グログランリボンや手芸用革ひも(人工皮革)を、両面テープや瞬間接着剤で留めるだけです。

私自身、面倒なことが嫌いなので、手芸的なテクニックではなく、工作レベルでできることばかりです。ぜひお試しあれ!...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

横森 美奈子

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。BIGIで「MELROSE」等のチーフデザイナーを歴任。2002年「smart pink」ブランドディレクター、13年にはショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」を開始。おしゃれに関する本も多数出版。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ