横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・8

おしゃれなアクセサリーの使い方&簡単リメイク術

公開日:2021/02/10

6

ファッションデザイナー・横森美奈子さんが、50代・60代女性におしゃれのコツをアドバイスする連載企画。今回のテーマは、アクセサリーの使い方。古いアクセサリーも工夫次第で今風に!おしゃれな活用方法と簡単リメイク術を紹介します。

おしゃれなアクセサリーの使い方
おしゃれなアクセサリーの使い方

アクセサリーの使い方でおしゃれに見せるコツは?

クローゼットや引き出しの中にしまい込んだまま、ほとんど活用していないアクセサリーはありませんか? お金も手間もかけず、ちょっと工夫するだけで、おしゃれに生かすことができるんです。

おしゃれのコツ1:シンプルなネックレスは重ねづけ!

例えば、この黒の一連ネックレス。シンプルなワンピースに合わせただけだと、ちょっと素っ気ない印象です。

NGなアクセサリーの使い方:ただ付けただけ
Before:“つけただけ”では地味な人になってしまいます

そこで、自分で作ったビーズネックレスを2本重ねて、コサージュをプラス。華やかな感じになりました!

おしゃれなアクセサリーの使い方:ネックレスは重ねづけ
After:“重ねづけ+コサージュ”で大人っぽく華やかに

おしゃれのコツ2:ネックレスは長さのバランス調整を

色がキレイで買った、長さが中途半端なネックレスは、留め具に黒のスエードひもをつけてロングネックレスに。

NGなアクセサリーの使い方:長さが中途半端
Before:長さが中途半端なネックレス
おしゃれなアクセサリーの使い方:革ひもで長さを調整
After:バランスがよくなり、後ろのリボン結びもアクセントに!

おしゃれのコツ3:指輪はペンダントにリメイクも

祖母、母がしていたトルコ石の指輪は、デザインが古いのでペンダントに。シルバーやゴールドに革ひもを重ねても、カジュアルで素敵です。

おしゃれなアクセサリーの使い方:指輪をリメイク
指輪はリメイクしてペンダントにするのもおすすめ

古いアクセサリーも工夫次第で今風に

50代・60代の女性は、絶対にアクセサリーをつけた方がいいんです。年を重ねて肌がくすみ、顔ヂカラも弱くなっているのですから、ただシンプルに服を着たら寂しく見えてしまうだけ。

私はネックレスの重ねづけをデフォルト(標準装備)としていて、つけなければ出掛けられないほど頼っています(笑)。

まずは、手持ちのアクセサリーを見直してみませんか?

古いものしかなくても大丈夫。どっちみち眠っていたアクセサリーなのですから、遊び心で工夫して今風に蘇らせましょう。

面倒なテクニックはいりません。グログランリボンや手芸用革ひも(人工皮革)を、両面テープや瞬間接着剤で留めるだけです。

私自身、面倒なことが嫌いなので、手芸的なテクニックではなく、工作レベルでできることばかりです。ぜひお試しあれ!

読者モデルの死蔵アクセサリーがリメイクで素敵に変身!

■挑戦した人

読者モデル:石井真弓さん (65歳 )

石井さんがよくつけているという、イタリア製の太く短い金のチェーンネックレス。でも、このままでは、ただのリッチマダム風。今風のおしゃれなアクセサリーの使い方とは言えません。

Before:長さが微妙な短い金のチェーンネックレス
Before:長さが微妙な短い金のチェーンネックレス

そこで、両端にグログランのリボンをつけて結ぶデザインにリメイクすると、エレガントで今っぽい雰囲気に変身!

After:ネックレスの両端にリボンを付けてリメイク!
After:ネックレスの両端にリボンを付けてリメイク!

短すぎるネックレスは革ひもと羽根をプラスしておしゃれに!

石井さんが「ほとんど使ったことがない」という、海外旅行のお土産のネックレス。

NGなアクセサリーの使い方:長さが短すぎる
Before:おしゃれ度も着やせ効果もイマイチ……

白い革ひもをつけてロングネックレスに。遊びで手芸用の羽根をプラスすれば、とてもおしゃれなアクセントに!

おしゃれなアクセサリーの使い方:ロングネックレスにリメイク
After:“ちょい足し”でおしゃれなアクセサリーに!

【ネックレスのリメイク方法】

革ひもを留め具に結び付け、結び目に手芸用の羽根を挿しただけ。羽根は接着剤で固定しましょう。

海外旅行のお土産のネックレスをリメイク!
簡単なリメイクでおしゃれなアクセサリーに変身!

まだまだあります!古いアクセサリーの活用・リメイク術

この写真は、石井さんの手持ちのアクセサリーの一部。ほぼ使っていないものばかりだと言います。

古いアクセサリーの活用術
使われていない古いアクセサリーの数々

その中の1つが、石井さんが大切にしている琥珀と象牙のブローチ。

「デザインが古めかしくて、ずっとしまい込んだままです」

NGなアクセサリーの使い方:古いブローチをそのままつける
Before:ブローチをつけても、おしゃれ感がない

ストライプのワイヤーリボンで、ブローチに華やかさとボリューム感をプラス! これなら堂々パーティーにも行けます。

【ブローチのリメイク方法】

リボンでループを二つ作り、真ん中をぐし縫いしギャザーを少し寄せます。裏にブローチピンをつけたフェルトを留めつけ、表にブローチを留めます。

おしゃれなアクセサリーの使い方:リボンでブローチをリメイク
After:リボンを重ねて、ブローチに華やかな存在感をプラス

短すぎるネックレスは2連ブレスレットに変身!

こちらは、真紅色が美しい山サンゴのネックレス。でも短すぎて、何となく首輪のような感じも……。

NGなアクセサリーの使い方:短すぎるネックレス
Before:短すぎるネックレス

そこで、二重にしてブレスレットにすると、ちょうどいい長さに!“着やせポイント”である手首も引き立ちます。

おしゃれなアクセサリーの使い方:ネックレスをブレスレットに活用
After:ネックレスをブレスレットとして活用

古いサンゴの指輪をペンダントにリメイク

古いサンゴの指輪は、同系色の革ひもで明るく華やかなペンダントに変身!

古いサンゴの指輪をペンダントにリメイク
古いサンゴの指輪がおしゃれなペンダントに変身!

後ろから見ると、革ひもはあえて切りっぱなしのまま。リボン結びが素敵です。

背中のリボンがおしゃれのアクセントに
背中のリボンがおしゃれのアクセントに

パールのネックレスをツートーンネックレスにリメイク

フォーマルっぽいパールのネックレス。そのままだと可もなく不可もなく……という感じ。

NGなアクセサリーの使い方:普通すぎるパールのネックレス
Before:定番のパールのネックレスは普通すぎて地味な印象

色違いのものと同じ形状の留め具だったので、2本つなげて、おしゃれなツートーンネックレスにリメイク!

おしゃれなアクセサリーの使い方:ツートーンネックレスにリメイク
After:ネックレス2本でツートーンネックレスにリメイク

特別な材料を使わず、アクセサリーは簡単にリメイクできます

アクセサリーは簡単にリメイクできます
今回アクセサリーのリメイクに使った材料

今回紹介したリメイクは、手芸店などで普通に売っているひもやリボンを通して結んだり、両面テープや接着剤で貼ったりするだけなので誰でもできます。

最近使っていない古いアクセサリーがあるという人は、ぜひおしゃれなアクセサリーにリメイクしてみてくださいね!

構成=五十嵐香奈(ハルメク編集部) 撮影=元木みゆき ヘアメイク=木村三喜

※この記事は雑誌「ハルメク」2020年3月号に掲載された内容を再編集しています。

■もっと知りたい■

▼その他の横森さんの記事はこちら!


雑誌「ハルメク」で目からウロコのおしゃれ塾連載中!

横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾

「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」は、雑誌「ハルメク」で毎月好評連載中! 最新情報もあわせてチェックしてくださいね。
 
※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

横森 美奈子

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。BIGIで「MELROSE」等のチーフデザイナーを歴任。2002年「smart pink」ブランドディレクター、13年にはショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」を開始。おしゃれに関する本も多数出版。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ