ウールや織地などで、色合わせも楽しもう!

ご近所のお出掛けに!秋冬の手作りバッグはいかが?

公開日:2020/10/20

58

バラ栽培のコツや花に囲まれた暮らしを発信するブログが人気のバラ愛好家・奥野多佳子さん。センスが光る手作りのタペストリーや料理、裁縫も人気です。今回は、ちょっとお出掛けするときに便利な、手作り手提げバッグを紹介します。

秋冬の手作りバッグ
秋冬の手作りバッグ

財布、スマホ、ミニタオルが入るくらいの小さめバッグ

季節が移るのは早く、気持ちのいい秋はあっという間に過ぎていきそうですね。
今年はコロナ禍で遠出や改まったお出掛けが少なくなり、おうち近くで過ごすことが多くなりました。

そこで今回は、ちょっとスーパーへ……ちょっと銀行へ……ちょっと子どものお迎えに……と、お財布と携帯、ミニタオルとエコバッグくらいが入る小さなバッグを作ってみました。「ちょこっとご近所バッグ」です。

これからの季節に使えるウールで……また、ちょっと個性的なバッグなど、色合わせを楽しみながら作ってみました。

小さめバッグ

 

ウール地で作る小さなバッグ

かわいいチェック柄のシンプルなバッグ

かわいいチェック柄のシンプルなバッグ

片面は赤いチェック、反対側はグレーの無地……2種類のウールを使ってシンプルな形にしました。

【出来上がりサイズ】
横21cm、縦26cm、持ち手の高さ17cm

【材料】

  • 表地……ウール地(ハリスツイード)2種類。赤チェックとグレー各24cm×30cm
  • 裏地……赤いキュプラ 24cm×60cm
  • 接着芯(表地用)……不織布タイプ片面接着芯(厚地用)24cm×60cm
  • 持ち手……本革1cm幅を30cm

かわいいチェック柄のシンプルなバッグ

赤いチェックのバッグに使った布地です。右から1cm幅の生成りの革の持ち手、チェックとグレーのウール地、内布の赤いキュプラの裏地、白いのは不織布タイプの接着芯です。今回はそれぞれのバッグで内布も色合わせを楽しんでみました。

縫い方は、一般的な袋物と同じでシンプルです。

  1. まず2種類の表布の底を縫い合わせ、袋の入り口に持ち手を縫い付けておきます。
  2. 内布と表布の入り口部分を合わせ2辺を縫います。
  3. 中表にして裏から袋の横2辺を表布、内布続けて縫います。
  4. そのとき内布の1辺に返し口(10cm程)を開けておき、くるりと袋を表に返します。
  5. 最後に返し口を縫います(5点のバッグともほぼ同じ縫い方です)。

糸

糸は、シャッペスパンの60番(手前のブルーのコマの糸)で縫います。後ろのピンク色のコマの糸は30番で ステッチに使います。ミシン針(左手前)も布の厚さに応じて替えた方がきれいに縫えるので、今回は緑のパッケージの16番の厚生地用で縫っています。

革の持ち手は手芸屋さんでいろんな幅のものが売られていて、厚みが2.5mmほどありますが16番のミシン針で縫えます。

かわいいチェック柄のシンプルなバッグ

内布には滑りのいいキュプラ(裏地)を使い、赤い色をアクセントに。持ち手を革にすると、わざわざ布で作らなくてもいいのでバッグ作りが簡単になります。

ネイビーのチェック×からし色がおしゃれなバッグ

片面をネイビーのチェック、反対側をからし色の無地にして、からし色をネイビーの方にも使いました。

ネイビーのチェック×からし色がおしゃれなバッグ

【出来上がりサイズ】
横21cm、縦26cm、持ち手の高さ16cm

【材料】

  • 表地……ウール地(ハリスツイード)ネイビーチェック24cm×30cm、からし色24cm×34cm、見返し分24×6cm
  • 裏地……からし色コットン 24cm×50cm
  • 接着芯(表地用)……不織布タイプ片面接着芯(厚地用)24cm×60cm
  • 持ち手……本革(生成り)1cm幅を106cm
  • バックル(持ち手用)……金色バックル2.6cm×1.5cmを2個(1cm幅の革が通るもの)

※表布のからし色ウール地は見返しをつけているので、その分裏地が少なくなっています。

ネイビーのチェック×からし色がおしゃれなバッグ

バックルはアマゾンで探しました。この革とバックルのセットはいろいろ使えて重宝しそうです。

私はいつも長財布を使っているので まずは分厚い(笑)お財布が入るサイズにしました。縦にすっぽり入って取り出しやすいのも気に入っています。 

ネイビーのチェック×からし色がおしゃれなバッグ

内布は同じからし色のコットンで。ここでは持ち手を挟むために3cm幅のからし色のウール地の見返しをつけて内布と縫い、ネイビーはそのまま3cm分折り返して内布と縫い合わせています。細い革の持ち手に金色のバックルをアクセントに付けました。ネイビーとからし色のコントラストがいい雰囲気のバッグになりました。

ネイビーのチェック×からし色がおしゃれなバッグ
「ちょっとそこまで……にすごく便利!」と、お嫁ちゃんも愛用しているバッグ(モデルはお嫁ちゃん。感謝感謝)

 

ウール地で作る、マチ付きのミニトート

ウール地で作る、マチ付きのミニトート

グレーのウールのミニトートバッグ。ウール地の裏にキルト芯を貼って厚みを持たせ、内側をふんわりと作りました。赤いタッセルチャームを付けてアクセントに。

【出来上がりサイズ】
横(上が34cm、下が22cm)、縦20cm、マチ12cm、持ち手の高さ8cm

【材料】

  • 表布……グレーウール地 140cm×40cm
  • 裏布……起毛ポリエステル 100cm×30cm
  • 接着芯(表地用)……不織布タイプ片面接着芯(厚地用)40cm×80cm
  • 接着芯(表地用)……接着キルト芯40×80cm
  • 接着芯(底用)…… 極厚接着芯15cm×25cm
  • 持ち手……持ち手用テープ(こげ茶色)3cm幅を60cm

ウール地で作る、マチ付きのミニトート

内布は 重くならないようにポリエステルの起毛のチェックを使いましたが、フワ~ッと手触りのいい生地で暖かい雰囲気。グレーのウール地に接着芯を貼り、その上にキルト芯を貼ったのでフワフワ感がすごいです。底面には 分厚い接着芯を貼ってしっかりさせました。

ウール地で作る、マチ付きのミニトート
お茶やおやつやタオル、折りたたみ傘などすっぽり入る便利なミニトート!

 

ちょっと個性的なバッグ

素敵な生地を見つけると、想像力が広がります。今回出合った布たちを生かして、工夫してみました。

ちょっと個性的なバッグ

ベルベットのバック

個性的な柄のベルベットを見つけたので、金色に近いからし色の、艶(つや)のある織布と合わせました。フランス製の上質な布なのでシンプルに……。

【出来上がりサイズ】
横21cm、縦26cm、持ち手の高さ16cm

【材料】

  • 表地……2種類。ベルベット24cm×23cm、からし色の織布24cm×35cm
  • 裏地……からし色のサテン24cm×60cm
  • 接着芯(表地用)……不織布タイプ片面接着芯(厚地用)24cm×60cm
  • 持ち手用……黒色のサテン3cm×36cmを2枚

ちょっと個性的なバッグ

内布はサテンにしましたが、あまり光らないよう裏側を使っています。持ち手も黒色サテンの裏側を使って1cm幅で36cmの長さを2本作り両サイドにステッチをしています。ベルベットは毛足があるのでとても縫いにくく、初心者の方はしつけをしっかりしてから縫った方がいいと思います。後ろ側には丸く切った布を金糸でコーチングステッチしてアクセントに。

トナカイ柄のバッグ

トナカイ柄のバッグ

かわいいトナカイの柄の布に、赤いウールと淡いモスグリーンの織布を合わせました。これもフランス製の生地でしっかりした織布です。持ち手を赤い革にして色合わせ!

【出来上がりサイズ】
横27cm、縦20cm、持ち手の高さ12cm

【材料】

  • 表布……トナカイ柄の織布20cm×25cm、赤いウール地10cm×25cm、淡いモスグリーンの織布35cm×25cm
  • 裏布……モスグリーンのチェック柄の麻布60cm×25cm
  • 接着芯(表地用)……不織布タイプの片面接着芯(厚地用)60cm×25cm
  • 持ち手……赤色の本革1.5cm幅を65cm

トナカイ柄のバッグ

内布は麻のモスグリーンのチェックを使いました。表布はトナカイ柄と赤布とモスグリーンの布をつないで輪にしてバッグにしています。淡いモスグリーンと赤ってよく合いますね。

カジュアルにどこにでも持って行けるかわいいバッグ!
カジュアルにどこにでも持って行けるかわいいバッグ!

この2つの個性的な布は、よく行く神戸市御影にある「メゾンデコール」という外国製のファブリックを扱うインテリアのお店で見つけたものです。こだわりの美しい布地に出合えるお気に入りのお店……。ミニトートの赤いタッセルチャームもここで見つけたものです。

ご近所バッグ……この小さなサイズがお気に入り!

すぐに出来上がるのでコットンでもいろいろ作ってきました。旅行では、ホテルのレストランに行くときも重宝しています。お好きな布があったら、いろんな布と組み合わせて小さなバッグを作ってみるのはどうでしょう。ご近所に出掛けるのが楽しくなること請け合いです♪

小さなサイズがお気に入り


次回は11月20日にお届けします。

■もっと知りたい■

奥野多佳子

1952(昭和27)年、兵庫県生まれ、大阪府在住のバラ愛好家。82年にタペストリー制作を始め、2000年に陶芸、04年に庭づくりを始める。豊中市美術協会会員。兵庫県立美術館で解説ボランティアに参加。ブログ「Soleilの庭あそび…布あそび♪」は人気です。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ