横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・2

好きな色と似合う色は違う!顔映りの良い服選びのコツ

公開日:2020/08/21

12

横森美奈子さんが50代女性のおしゃれのコツをアドバイスする連載です。今回のテーマは「顔映りの良い服選び」。苦手な色が似合う色であることも多いので、好きな色以外は似合わないという思い込みは禁物! 肌をキレイに見せる色をチェックしましょう。

顔映りの良い服選びのコツ
顔映りの良い服選びのコツ

50代女性は顔映りがいい色で元気に見せることが大切!

的確なアドバイスをしてくれる、ファッションデザイナーの横森美奈子さん
的確なアドバイスをしてくれる、ファッションデザイナーの横森美奈子さん

50代になった頃から「なんだか今までの服が似合わない……」と感じることはありませんか? 服が似合わない原因は、デザインやシルエットももちろんですが、色の要素もとても大きいんです。

というのは、年を重ねることで肌の色が変わってくるのと同時に、似合う色も変化しているから。そこで、今回は自分を引き立てる「顔映りの良い服選び」についてのレッスンです。

顔映りの良い色は、顔を明るく元気に見せる作用があります。大人世代にとって、その効果を利用しない手はありません。

そもそも、多くの人は好きな色=似合う色だと誤解しているんじゃないかしら?

もちろん好きな色を着ることで自分が心地よくいられるので、それを無理に変える必要はありません。でも、苦手だと思っていた色が、顔映りがいい色だったりすることもあるので、挑戦しない手はありませんよ!

 

くすまない・老け見えしない!顔が明るく見える服の色

顔が明るく見える服の色

誰でも色への思い込みはとても強く、それを変えるのは大変だと思います。これまで着なかった色をいきなり取り入れることに躊躇するのも当然のこと。

苦手な色の服を着るのが気後れするなら、まずは面積が少ないストールで新しい色に挑戦してみましょう。そのとき、ピンクやオレンジなど、明るい色を選ぶのがおすすめです。

顔のまわりに明るい色を巻くことで華やかな印象になりますよ。ヨーロッパの人が年を重ねると鮮やかな色を着るのは、その方が自分の肌を引き立ててくれるとわかっているから。

新たな色の選択肢が増えれば、おしゃれの幅も広がって楽しいはず。さぁ早速、読者モデル・山田恵理さんと一緒に、「顔映りの良い服選び」に挑戦してみましょう!

 

読者モデルが実践!似合わないという思い込みは捨てよう

まず、40色以上のストールから山田さんに「好きな色」「苦手な色」を3本ずつ選んでもらいました。山田さんの好みは強い色合いです。

「15年前にパーソナルカラー診断を受けたとき、濃い色が似合うと言われ、それから基本は黒と赤。ピンクや水色など明るい色は手に取りません」と言います。

でも、いざ身に着けてみると、苦手な色の方が若々しく見えるという結果になりました!

好きな色の服:顔映りNG……キツイ印象に

・ダークパープル

ダークパープル

大人っぽく素敵な色ですが、特別顔色を引き立ててはくれてはいません。

・紺×白のドット柄

紺×白のドット柄

顔が明るく見える効果は低いものの、白の水玉柄により多少はスッキリ見えます。

・レッド

レッド

赤は華やかですが、顔に対して若干強過ぎる……!? ちょっとキツく見えるかも。

苦手な色の服:華やかで顔がきれいに見える!

・ライトブルー

ライトブルー

爽やかで顔がきれいに見える色。身に着けなかったのはもったいない!

・花柄プリント

花柄プリント

シックな色で大きめのラフな花柄は華やかなイメージを演出します。

・サーモンピンク

・サーモンピンク

苦手だという、オレンジ系のピンク。実は顔映りが良い色で若々しく見せてくれます。

 

モノトーンに明るい色をプラスして、顔色を華やかに演出

山田さんが普段よく着ているモノトーンは、そのままだと地味に見えてしまいがち。

Before
Before

チャコールグレイの綿麻ジャケットのラフでシワっぽい素材感は、それだけだと決して大人を引き立ててはくれません。シックだけど少しあか抜けない印象です。

一方で、モノトーンはどんな色とも相性がいいので、ワンポイントで明るい色を取り入れるだけでも、グンと顔映りが良くなります。

ちょっと色を足すだけで、ツヤッと若々しい印象に!

After
After

「派手に見えそうで似合わない」と敬遠していた花柄のストールを首に巻くことで、素っ気なくなりがちなパンツコーデが、元気でおしゃれな印象に。

同じモノトーンでも、ボトムの色を明るくすることで軽快なイメージに変わりました。

サーモンピンクのストールとパールネックレスで華やかに

After
After

今まで似合わないと思い込んでいた色にも挑戦してみましょう。苦手だったサーモンピンクを差すことで、一気に華やかでフェミニンな雰囲気になりました!

 

デニムスタイルは、色&柄でエレガントな着こなしに!

デニムスタイルは、ついトップス+デニムのシンプルな組み合わせになりがちですが、素っ気なく見える可能性も。

Before
Before

そのままだと、シンプル過ぎて大人はちょっと寂しい印象に見えてしまいます。

巻くだけでいきいきと元気に見える柄ストール

巻くだけでいきいきと元気に見える柄ストール
After

明るい色が入った花柄のストールをひと巻きするだけで、表情までいきいきと見えます。

色と同じく柄に対する好みもあるもの。アイテム単体で判断するのではなく、ひとまず身に着けてみて、必ず全身鏡で全身姿を見てみることが肝心です。

サーモンピンクのニットとパールネックレスをプラス

After
After

トップスを明るい色にすると、面積が大きいため、顔映りだけでなく全体の印象もガラッと変わります。

さらにコットンパールのネックレスも肌をきれいに見せてくれて、上品で大人っぽいムードに。足元をロールアップしたことで軽さが出てスタイルも良く見えます。

 

実践した感想を読者モデル・山田さんにインタビュー!

読者モデル・山田恵理さん
読者モデル・山田恵理さん

華やかなストールを見たときは、自分のクローゼットにない色ばかりで戸惑いました。

でも「自信のなさや面倒くささから、今の自分に似合う色を探すことから逃げては損!」という横森さんの言葉が胸に響いて。何せ20代から好きな服や色が変わってなかったので。

撮影後は十数年愛用していたボルドーの口紅を捨て、新しい色の口紅を買いました。今日から新しい私を探してみるつもりです!

>>第3回をチェック!大人女子の「メガネコーデ」ファッションのコツ!

取材・文/児玉志穂(ハルメク編集部) 撮影=日高奈々子 ヘアメイク=木村三喜 

※この記事は雑誌「ハルメク」2019年9月号に掲載された内容を再編集しています。


雑誌「ハルメク」で目からウロコのおしゃれ塾連載中!

「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」は、雑誌「ハルメク」で毎月好評連載中! 最新情報もあわせてチェックしてくださいね。

横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

■もっと知りたい■

横森 美奈子

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。BIGIで「MELROSE」等のチーフデザイナーを歴任。2002年「smart pink」ブランドディレクター、13年にはショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」を開始。おしゃれに関する本も多数出版。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ