胃腸のがんから身を守る20の対策・2

50代女性が知っておきたい!胃がんのリスクと予防

公開日:2020/12/29

0
会員限定

胃がんは、女性では乳房、大腸に次いで3番目に患者数が多いがんです。この記事では、胃腸のがんで亡くなるリスクを下げる方法をわかりやすく紹介します。

胃がんのリスクと予防
胃がんのリスクと予防

60〜70代の過半数がピロリ菌に感染

年代別胃がんにかかった人の数
年代別胃がんにかかった人の数(出典:国立がん研究センター「がん情報サービス」2014)

大腸がんの患者数が増加し続けている一方、胃がんの患者数は減少傾向にあります。理由は、胃がんの最大の原因である「ピロリ菌」の感染率が減り続けているからです。

「ピロリ菌は汚染された野菜や井戸水、親から子へ口移しする習慣などから経口感染すると考えられています。上下水道が整備され、知識が広まった現在は感染が減り、10代の感染率は10%程度。とはいえ、60~70代では過半数がピロリ菌に感染していると考えられます」と話すのは、年間2000件以上の内視鏡検査・治療を手掛ける医師の近藤慎太郎さんです。

まずは一度、ピロリ菌の有無を調べ、感染していたら早めに除菌しましょう。除菌により発がんリスクを3~4割減らせると推測されています。

「胃がん予防に有効なバリウム検査や胃カメラは、自治体のがん検診で受ければ無料~数百円の負担で済みます。せっかく保険料や税金を払っているのに、受けないのはもったいないです」と近藤さん。正しい知識を持ち、積極的に胃がんを防ぎましょう。

胃がんのリスクと予防について、紹介します。...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ