眠さを感じた時はツボでセルフケア!

渋滞疲れスッキリ!眠気&ダルさを軽減する5つのツボ

公開日:2019/04/27

更新日:2019/12/29

25

帰省シーズンで悩ましいのが自動車渋滞。ツラい渋滞疲れをスッキリさせ、眠気とダルさを軽減させるのにオススメな「5つのツボ」を紹介します。手、首、顔のツボなので、今すぐ実践できますよ!

渋滞で眠気を感じた時はツボで簡単セルフケア
眠気を感じた時はツボで簡単セルフケア

【手】眠気覚ましの特効ツボ!中衝と合谷

本記事では、眠気をスッキリさせ疲労感とダルさを軽減させるのにオススメな「5つのツボ」を紹介します。まずは手のツボからスタート。

■ 中衝(ちゅうしょう)

中衝(ちゅうしょう)のツボ
眠気覚ましで有名な中衝(ちゅうしょう)のツボ

中衝は、眠気覚ましで有名なツボ。中指の爪の人差し指側の生え際から、2mm程度下にある部分のことです。反対の手の親指と人差し指でつまみ、イタ気持ちいい程度に強めに押します。


中衝は、眠い時の他にも、イライラしている気分を落ち着かせるリラックス効果も期待できるので、渋滞中の喧嘩対策にもオススメのツボです。

■ 合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)のツボ
合谷(ごうこく)のツボ。全身がダル重いような時の眠気にも

合谷は、肩こりやストレス対策などにも用いられる万能なツボ。親指と人差し指の骨が交わったところから、やや人差し指寄りのへこんでいる部分のことです。反対の手の親指と人差し指ではさんで押しましょう。

合谷は、渋滞中座りっぱなしになり、全身がダル重く感じた時に起きる眠気にもオススメのツボです。

【目】疲れ目からくる眠気対策のツボ!攅竹と晴明

攅竹(さんちく)と晴明(せいめい)のツボ
目の疲れからくる眠気に!攅竹(さんちく)と晴明(せいめい)のツボ

■攅竹(さんちく)
攅竹は、眼精疲労や頭痛を和らげる効果も期待できるツボ。眉毛の鼻側の端にある大きくへこんでいる部分のことです。眠さを感じた時は、両手の親指で同時にイタ気持ちいい程度に押します。

■晴明(せいめい)
攅竹の少し下にある晴明は、眼精疲労やドライアイ対策にも用いられるツボ。目頭と鼻柱の間にある骨の窪んだ部分のことです。攅竹と同様に、両手の親指で同時にプッシュ。

攅竹&晴明とも、渋滞中の長時間運転での目の疲れやドライアイからくる眠気にもオススメです。

【首】頭も首肩も軽くなる!眠さスッキリのツボ・風池

風池(ふうち)のツボ
首こり&肩こりや頭痛の時に!風池(ふうち)のツボ

■風池(ふうち)
風池は、首こり&肩こりや頭痛で不快な気分の時に試したいツボ。首後ろの生え際の窪みの中で一番へこんでいる部分のことを指します。両手の親指で同時に、イタ気持ちいい程度に押します。

渋滞中に座りっぱなしの場合やスマートフォンを長時間見すぎることなどで感じる首周りの不快感や眠気にオススメです。


いかがでしたか? 渋滞時の眠気覚まし対策にオススメのツボを5つ紹介しました。眠いと感じる前に、休憩時間などに気軽にツボマッサージを試してみてくださいね。

また、運転中に眠気を感じた場合は、無理は禁物。必ず早めにサービスエリアなどで休憩や仮眠を取りましょう。心身をしっかり休ませた上で、快適なドライブを心がけてください。

 

■関連記事


※参考サイト

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ