リアル50代60代ヘアカタログ・4

似合う髪型が見つかる!美容師おすすめヘアスタイル

公開日:2021.11.17

更新日:2024.03.07

髪型を変えたいけれど、どうしたらいいの? 自分に似合う髪型がわからない人のために、お悩み別におすすめのヘアスタイルを美容師がアドバイス! お悩みを持つ50代60代の読者は、どう素敵に変身したのでしょうか? 劇的ビフォーアフターをチェック!

自分に似合う髪型がわからない…美容院で相談を!

自分に似合う髪型がわからないときは美容院で相談を!

髪がパサパサになりやすい、クセやうねりが出てきた、頭頂部のボリュームがなくなるなど、50代・60代は髪のお悩みが多くなる時期。一方で、若々しく見える髪型には、髪のツヤやまとまり、ボリューム感がとても大切です。

「年齢とともに、自分がしたい髪型と似合う髪型にギャップが出てくるものです。そのギャップを埋めるためにも、カット前の美容師とのコミュニケーションが大事」というのは、美容室「マグノリア青山」の坂元千夏さん。

美容室「マグノリア青山」の坂元千夏さん
美容室「マグノリア青山」の坂元千夏さん

「まずは自分をどう見せたいか、その上でフェイスラインや体型などのバランス、髪の悩み、また普段どのようなお洋服を着られるかなどを伺って、似合う髪型をご提案します」

特に多い頭頂部のボリュームの悩みは、「前髪を厚く作ったり、分け目を変えることで解決できます」と坂本さん。

また、うねりが出てまとまりづらくなったという悩みには、「逆にそれを利用して、毛先を遊ばせたり、ゆるいカールをつけるとスタイルが決まります」というのは、「マグノリア表参道」の白田慎(はくた・しん)さん。

美容室「マグノリア青山」の白田慎さん
美容室「マグノリア表参道」の白田慎さん

‎シニア専門ヘアサロン「えがお美容室」の石川貴文さんも「ショートでもカットを工夫すれば、トップや後頭部の髪のボリュームアップは可能です。襟足やサイドのカットで小顔に見せることもできます」とのこと。

シニア専門ヘアサロン「えがお美容室」の石川貴文さん
シニア専門ヘアサロン「えがお美容室」の石川貴文さん

年を重ねた50代・60代女性のおしゃれのお悩みは、髪型でカバーできるものも多いようです。

そこで今回は、読者モデル4人が美容師さんに髪のお悩みを相談した上で髪をカット。髪型を変えるだけでどのくらい見た目の印象が変化するのか、ビフォーアフターを比較してみることにしました。

▼似合う髪型を見つけるために美容室で伝えるポイント

  • うねりやボリュームのなさなど、悩みをきちんと伝える
  • お気に入りの洋服を着ていくか、普段よく着る服について伝える

ショートヘア・秦さん(55歳)の悩み:くせ毛・パサつき

ショートヘア・秦さん(55歳)のビフォーアフター
【Before】丸い髪型でやや幼い印象→【After】はつらつとした印象&髪のツヤもアップ!

くせ毛がお悩みで毎朝ヘアアイロンでセットしているという、秦 里香(はた・りか)さん(55歳)。

カット前は均一な丸みのある髪型でしたが、「マグノリア青山」坂元さんは「動きをつけるとより若々しくなります」と提案。

前髪や頭頂部にボリュームを出し、...

このコンテンツは、ハルメク365本会員の方のみご視聴ができます

365本会員に登録すれば
記事・講座動画が見放題!

雑誌「ハルメク」

女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

みんなのQ&A みんなのQ&A

いまあなたにおすすめ