簡単!今すぐ始められる

ぽっこリお腹を“すっきり”に変える!16の生活習慣

公開日:2021/02/18

3
会員限定

コロナ禍で外出する機会が減ったり、家時間が長くなったり、テレワークになったり。運動不足にもなって「ちょっと太ったかも……」と思っている方も多いのでは。そこで、ぽっこりお腹解消に役立つ簡単習慣を紹介します。できることから始めてみませんか?

ぽっこリお腹が“すっきり”に変わる生活習慣

日常動作編:座り方からスマホの操作も

1.座るときはひざを閉じて座る

電車などでひざを開いたまま座るとぽっこりお腹の原因に。ひざを閉じると自然と骨盤が立って背すじも伸び、お腹がへこむ座り方に一変。(A)※文末のアルファベット(A~D)は監修者を示しています。ないものは編集部監修(以下同)

 

2.ウエストが目立つ服をあえて着る

お腹まわりを隠すのではなく、あえて見せるおしゃれも楽しむと、適度な緊張感からお腹まわりの筋力がアップ。所作も美しくなります。(A)

 

3.掃除をするなら雑巾がけ

腸の活動を活性化させる腸腰筋のストレッチにおすすめなのが、四つんばいになって雑巾がけをする動作。腸の動きと密接な関係の腸腰筋を動かし、股関節の柔軟性が上がれば姿勢がよくなり、ぽっこりお腹撃退につながります。(B)

掃除をするなら雑巾がけ

4.ときどき和式トイレを利用する
ひざを曲げてしゃがみ込む姿勢は、排便力が鍛えられ、便秘解消に。ひざに痛みがない人は和式トイレを積極的に利用しましょう。(B)

 

5.スマホ操作は目の高さで行う

猫背になりがちなスマホ操作。クセづくとお腹まわりの筋肉が緩みやすくなります。スマホは目の高さに持ち上げて操作しましょう。(C)

 

6.バッグは手持ちより肩にかけて持つ

加齢で筋力が低下すると肩甲骨の位置は上がるもの。外出時はリュックを背負えば重みで肩甲骨をラクに下げられ、姿勢もよくなり、下腹もすっきり。(C)...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ