公開日:2021/03/13

更新日:2021/10/03

0

素朴な疑問

割り箸でほうれい線対策ができるって本当?

 

割り箸でほうれい線対策ができるって本当?
割り箸でほうれい線対策ができるって本当?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です!

 

久しぶりにじっくりと鏡を見たら、ほうれい線が深くなったような気がしてショック……。何とかしなければと調べていたら、何と「割り箸」でほうれい線対策ができるんですって!

 

ほうれい線ができる原因

  • 真皮のコラーゲンの減少
    皮膚の真皮層には、コラーゲンやエラスチンという成分が網目状に存在しており、弾力性と伸縮性を生み出しています。それらが減少すると、肌のハリが失われ、たるみとして現れます。減少の原因には、加齢、乾燥、紫外線の影響などが挙げられます。
  • 表情筋の衰え
    真皮の下層には、表情筋と呼ばれる筋肉が30種類以上あります。表情筋が衰えると萎縮して、顔のたるみとして現れます。衰える原因は、主に加齢によるものです。
  • 脂肪組織の構造の劣化
    ダイエットの繰り返しや加齢により、皮膚の脂肪組織の構造は劣化して減少するといいます。皮下脂肪が減少すると、筋肉の支えが弱まり、脂肪が下がってシワやたるみが目立つようになります。
  • 骨格のゆがみ
    横向きやうつ伏せで寝る、食事の際に片方だけで噛むといったクセにより、骨格にゆがみが生じます。こうしたゆがみも、たるみに関係すると考えられています。
  • 生活習慣
    無表情でいることが多い、口が半開きになっている、長時間スマホやパソコンを利用する、やわらかい食べ物を好む(よく噛まない)といった生活習慣は、表情筋の衰えにつながります。

 

ほうれい線対策には表情筋トレーニングを

ほうれい線対策には、スキンケアや生活習慣の見直し、正しい姿勢を心掛けることなどがありますが、ここでは表情筋のトレーニングを紹介します。

 

表情筋を鍛えることで、ほうれい線の改善・予防、顔全体のリフトアップによる小顔効果、感情を豊かに表現できるといったメリットが期待できます。

 

ほうれい線に大きく関係する筋肉は二つ。口角からこめかみにかけて伸びている「頬骨筋(きょうこつきん)」と、口元を囲んでいる「口輪筋(こうりんきん)」です。

 

割り箸エクササイズ 

割り箸エクササイズ 

口角と頬を一緒に上げるように意識し、頬骨筋を鍛えます。

  1. 割り箸をくわえる。
  2. くわえたまま口角と頬を上げ、「イ」の口にして、30秒~1分キープ。
  3. 1セット30秒~1分間を1日3回を目安に行う。

 

舌回しエクササイズ 

舌回しエクササイズ 

舌を大きく回し、口輪筋を鍛えます。

  1. 口輪筋を意識して、舌先に力を込めて歯茎の外側を3秒かけてゆっくりなぞる。
  2. 反対方向にも回す。
  3. 1日に左右30回を目安に行う。


ほうれい線対策って、わざわざ美容器具を買わなくてもできるんですね。早速ワタシも始めてみようと思います!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:CANARY

   CUSTOMLIFE

   マイナビウーマン

   

割り箸をくわえると頬がプルプル……結構きつい!
割り箸をくわえると頬がプルプル……結構きつい!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ