公開日:2020/11/18

更新日:2020/12/18

2

素朴な疑問

窓のサッシの簡単な掃除方法とは?

窓のサッシの簡単な掃除方法とは?


こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

窓のサッシの溝ってすぐに汚れがたまりますよね。窓を開け閉めするたびに目に付いて気になりつつも、見て見ぬふりをしてきたワタシ。

 

今日は掃除しようと決めました! でも、できたらパパッと終わらせたい。サッシの溝の簡単な掃除方法はないかしら? 調べてみましょう。

 

サッシの溝の念入りな掃除の仕方


窓のサッシの溝には、ほこりや花粉、排気ガスの粉じん、部屋のほこり、人やペットの毛などがたまりがち。冬になると、結露が付きやすいので黒カビが生えることもあります。

月に一度は簡単な掃除をして、半年に一度は水を使って念入りな掃除をしましょう。念入りな掃除は、花粉が飛散し終わった6月と、窓に結露ができやすい冬が適しています。


用意するもの

  • ほうき、または掃除機
  • 歯ブラシ(使い古しで可)
  • つまようじ
  • スポンジ(メラミンスポンジを使うと、洗剤なしでも汚れを削り落とせる)
  • ペットボトルに入れた水(500mL程度)
  • 雑巾

掃除の仕方

  1. ほうきや掃除機を使い、サッシの溝にたまったほこりを取り除く。
  2. 水で濡らしたスポンジで、汚れをこすっていく。スポンジが入らない部分は、歯ブラシやつまようじなどを使用する。
  3. ペットボトルの水を注いで汚れを外に洗い流す。
  4. 乾いた雑巾で水気を拭き取れば完了。

 

サッシの溝を簡単に掃除する方法


汚れが少し気になったときに、手軽に掃除できればいいですよね。日頃から小まめに掃除しておけば、ひどい汚れがたまることがありません。

 

ウェットティッシュを使う

  1. そのままサッシの溝を拭いて汚れを取り除く。
  2. 最後にアルコールを吹きかけてさっと拭いておけば、黒カビ予防になる。

 

スポンジを使う

  1. マンゴーをカットするときのように、格子状にスポンジに切り込みを入れる。切り込みを入れることで、サッシの隙間が掃除しやすくなる。
  2. バケツに適量の水をため、スポンジを浸して水を含ませてから、少しかために搾る。
  3. スポンジでサッシの溝を拭いていく。スポンジが汚れたら、小まめにバケツの水で汚れを落とすと、効率よく掃除できる。
  4. 最後に乾いた雑巾で水分を拭き取る。

 

100円均一のワイドブラシ

  1. 100円均一のペットボトル用ワイドブラシを用意し、水を入れたペットボトルのキャップ部分に取り付ける。
  2. サッシに洗剤をかけ、水をかけながらブラシで汚れをこすり落とす。
     

はけとマイクロファイバーを使う

  1. 水に浸したはけでサッシの溝の汚れを掃く。汚れが付いたら水ですすぎ、サッシの溝の汚れを掃く。
  2. 1を繰り返して汚れが取れたら、マイクロファイバーで水分を拭き取って完了。
  3. サッシの溝は掃除がしづらい部分なので、ブラシやはけを使うのはよさそうですね。汚れがたまる前に小まめに掃除して、きれいな状態を保てるようにしていきたいわ!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:LIMIA

   コジカジ

   くらしのマーケット

   YOURMYSTYLE
 

 

サッシの汚れは油を含んでいないから、汚れが落ちやすいらしいです!
もう見て見ぬふりするの、やめます。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ