公開日:2020/11/16

3

素朴な疑問

チラシで作るエコな三角コーナーの作り方とは?

 

チラシで作るエコな三角コーナーの作り方とは?
チラシで作るエコな三角コーナーの作り

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

2020年7月からレジ袋が有料になったことをきっかけに、今までよりもエコを意識するようになりました。家中のプラスチック製品の見直しをしていて、気になったのが台所の生ゴミ用の三角コーナー。毎回ポリ袋を使っているので、1年だと結構な量を消費するなあと思って。

 

そんなとき、チラシで生ゴミ入れを作れることを知りました。チラシで作った三角コーナーなら、使うたびに捨てても罪悪感がないし、チラシを再利用できるのでいいですよね。

 

早速作り方を調べてみました!

 

チラシで三角コーナー(生ごみ入れ)を作る方法

 

コップ型の作り方


1.チラシを横向きに置き、下1/3を折る。


2.裏返して置き、右側から1/3のところを手前に折る。


3.左側1/3も手前に折り、先に折った右側1/3を入れ込む。

右1/3を左1/3に折り込んだ状態。


4.裏返して置き、上部が三角状になるよう左右をそれぞれ手前に折る。


5.三角状になった部分を手前に折り、下のポケット部分に差し入れる。


6.5を逆さまにするとコップ型の袋になる。新聞紙や大きめのチラシを使用すると、小さめな三角コーナーができます。

 

 

ボックス型の作り方


1.チラシを縦に置き、上半分を手前に折る。さらにそれを、縦半分に折る。


2.折った部分を持ち上げるようにしながら、真ん中のところを押さえて広げて折り目をつける。上部分が三角状になる。裏側も同様にする。

3.左右中表に合わせるようにして折り返す。裏側も同様にする。ホームベース状になる。


4.左右の縦の辺ををそれぞれ内側に折る。裏返して同じように折る。


5.下部分を上に折り返す。反対も同じように折り返せば完成。


6.広げるとボックス形になる。


※使用するチラシが薄手の場合は、チラシを2枚重ねて作ると丈夫になります。料理の際に野菜の皮などをまとめると、キッチンが散らかりにくいです。新聞紙で作ると大きめなものが、A4やB4サイズのチラシで作ると小さめなものができます。

 

手軽に使える紙の三角コーナー


チラシで作る三角コーナー。時間があるときにまとめて作ってストックしておくと、料理のたびに使い捨てできるので臭いも気にならなくてよさそう! でも、ストックがない場合はどうすればいいのでしょう?

 

市販の三角コーナーも進化していて、無漂白のクラフト紙などを使った環境に配慮したエコな製品が増えているので、使ってみるといいかもしれません。100円ショップでは、シンクに立てておける自立型の水切りごみ袋(紙製)も販売されています。

 

スーパーやホームセンター、ネット通販で探すと、耐水性の紙を使った型崩れしにくい三角コーナーが、いろいろそろっています。クラフト風のデザインやイラスト入りのものもあるので、好みに合わせて選んでもいいですね!

 

チラシで作るエコな三角コーナーの作り方がわかりました。これからは、チラシが有効活用できそうなのでちょっとうれしいです。市販の三角コーナーもよさそうなので、今度お店で見てみたいと思います。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:exciteニュース

   プラなし生活

   All About 暮らし

 

ボックス形は、みかんの皮なんかを入れるのにも便利!

母がよくボックス型を作ってミカンの皮を入れていたっけ。

 

イラスト:飛田冬子

 


 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ