2019/09/08 2

重曹とクエン酸を使うと掃除がはかどるって本当?

重曹とクエン酸を使うと掃除がはかどるって本当?

 

スーパーや100円ショップの掃除用洗剤コーナーに、重曹とクエン酸が置かれているのをよく見ます。この二つが掃除に使えることは知っていたのですが、まだ試したことはないんですよね。

 

重曹はアルカリ性なので、ガスレンジなどの油汚れやシンクの排水口など酸性の汚れに。クエン酸は酸性なので、キッチンの水あか、トイレの黄ばみなどアルカリ性の汚れに効果を発揮するようです! 

 

油汚れや水あかって、その都度きれいにしなきゃと思いつつ、ついつい見ないふりをしてしまうワタシ……。重曹とクエン酸を上手に使えば、さくっと掃除できるようになるかも!?

 

さっそく、具体的な使い方を調べてみました。

 

重曹はそのまま、または水を適量加えてペースト状にして使います。クエン酸はそのまま、または200mlの水にクエン酸小さじ1弱を入れて混ぜたクエン酸スプレーにして使います。

 

●ガスコンロ・魚焼き器の油汚れ
【軽い汚れ】重曹をかけ、水を少し含ませたスポンジでこすった後、水で洗い流します。
【こびりついた汚れ】重曹に水を混ぜてペースト状にしたものを、汚れた部分につけてしばらく放置した後、スポンジでこすり、水で洗い流します。

 

●シンクの排水口 
【ぬめりや汚れが軽いとき】排水口に適量の重曹を振りかけ、クエン酸スプレーをかけてしばらくそのままに。最後に水またはお湯を流して完了です。
【ぬめりや汚れがひどいとき】重曹1/2カップ+クエン酸1カップを排水口にふりかけたあと、お湯をかけると泡立ち始めるので排水口にふたをして1時間ほどそのままにします。その後お湯を流して完了です。

 

●水道の蛇口・シンクの汚れ
水あかがたまってきた箇所やシンクの汚れが気になる部分にクエン酸スプレーをシュッと一吹き! そのあと水拭きします。

 

●トイレの手洗い・便器の黄ばみ
クエン酸スプレーを、汚れが気になる箇所にシュッと一吹き。布やウェットティッシュで拭きとります。黄ばみが落ちないときは、ブラシでこすります。

 

重曹やクエン酸は、いろいろな部分の掃除に使えるのがわかりました。そして重曹は、洗濯にも使えるようです。洗濯するとき水10ℓに対し大さじ1の重曹を加えると、汚れがよく落ちるほか消臭効果も期待できるのだそう。

 

他には、洗濯槽の洗浄にも活躍してくれます。

 

40度くらいの水を最高水位まで貯め、重曹200gを入れた後、数分間だけ洗濯機をまわします。排水をせずにそのまま数時間から一晩放置。放置後、表面に浮かんだゴミを取り除いて、汚れが浮いてこなくなるまですすぎを繰り返します(通常2~3回でOK)。すすぎが終わったらふたを開けたまま乾燥させて完了です。

 

市販されている重曹やクエン酸には食用のものもありますが、掃除に使うときは掃除用のものを買ってくださいね!(詳しくは「食べられる重曹と掃除用の重曹って何が違うの?」をご覧ください)

 

重曹とクエン酸を使った掃除、さっそくワタシも試してみたいと思いま~す。

 


 

参照:木曽路物産株式会社

   カジタク

 

重曹は、生ゴミにふりかけておくとにおい消しにもなるそうよ!
重曹は、生ゴミにふりかけておくとにおい消しにもなるそうよ!

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ