公開日:2021/03/18

0

素朴な疑問

ベランダ、バルコニー、テラスの違いは?

ベランダ・バルコニー・テラスの違い
バルコニー

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

先日、息子に「テラスハウスってテラスが付いた家のことかな? テラスは、ベランダやバルコニーとは、違うものなの?」と、質問されました。うーん、確かによく違いがわからない……。このままじゃなんだか悔しいから、ベランダ、バルコニー、テラスの違いを調べてみようと思います!

 

ベランダ・バルコニー・テラスの違い

  • ベランダ
    ベランダ
    ベランダは、一戸建てやマンションなど、2階以上の建物の住戸から外に張り出して作られたスペースのことで、屋根や庇(ひさし)が付いているのが特徴。ベランダの広さはさまざまですが、屋根が付いているので、雨の日でも洗濯物を干すことができますし、濡れずに洗濯物を取り入れられます。
     
  • バルコニー
    バルコニーは、ベランダと同じように、2階以上の住戸から外に張り出して作られたスペースですが、屋根やひさしがないのが特徴です。建築基準法施行令によると、「屋上広場または2階以上の階にあるバルコニー、その他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、柵、またはは金網を設けなければならない」とされています。このサイズよりも小さな場合、または、手すり付きの壁・柵・金網がない場合は、バルコニーには当たらないそうです。
     
  • テラス

    テラス


    テラスは、フランス語で「盛り土」を意味する言葉で、建物の1階の外に張り出すようにして作られた床のあるスペースのことです。部屋からひと続きに作られており、地盤面よりも少し高くなっているのが特徴で、リビングの延長として使われます。床表面がコンクリート、レンガ、タイル貼り、石貼り、ウッドデッキなど、さまざまな素材が使われます。テラスは一戸建て住宅や、専用庭のあるマンションの1階部分に造られます。

 

ちなみにテラスハウスは、昔ながらの呼び方でいう「長屋(ながや)」のことで、壁を共有した複数の住戸が並ぶ住宅のこと。アパートやマンションとの違いは、エントランスや廊下を共有せず、戸別に直接出入りできることです。

 

今、人気のベランダでの楽しみ方

今、人気のベランダでの楽しみ方


ベランダといえば、プランターなどを置いて家庭菜園をするのが人気ですよね。友人の中には、人工芝を敷いてベランダをリゾートっぽく改造した人もいます。DIYができるなら、ウッドデッキもよさそう!

 

我が家では、ベランダに小さなテーブルといすを置いて、ときどきベランダ飲みをするようになりました。後で知ったのですが、キャンプのときのように飲んだり食べたりなどをベランダで手軽に楽しむアウトドアを「ベランピング」というそうです。キャンプ場に行かなくても、家族や友人と楽しめるスタイルがコロナ禍で人気だそうです。意識していなかったけど、我が家のベランダ飲みもベランピングよね!

 

ベランダ、バルコニー、テラスの違いがわかりました。普段、洗濯物や家庭菜園で使うスペースも、アイデア次第でもっと楽しめそうですよね! うちでもさらに工夫してみたくなりました。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:SUUMO

   LOVE GREEN

   LIFULL HOME’S

   確認申請ナビ

   東京都 法令・規格・基準等、事故防止の取組等
 

 

休日のベランダ飲みはおすすめよ!
休日のベランダ飲みは最高です!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ