公開日:2020/03/20

更新日:2020/07/12

3

素朴な疑問

ジョギングとランニングの違いって何?

ジョギングとランニングの違いって何?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

最近、自分のペースでできる運動を始めたいなと思っています! 「ダイエットにもよさそうだから、ランニングなんてどうかしら?」と友人に相談すると、「ダイエットが目的なら、ランニングよりもジョギングの方がいいと思うよ」とのアドバイス。 

 

ランニングとジョギングって同じじゃないの? 気になるので調べてみることにしました。

 

ジョギングとランニングはどちらも走る運動ですが、走るときのペースによって使い分けされています。マラソン大会などの競技を目的にして速いペースで走ることをランニング。健康増進のためゆっくり走ることをジョギングと呼ぶことが多いようです。

 

具体的には、ランニングは1kmを5分以上のペースで走る、ジョギングは1kmを7分以上のペースで走るのが目安です。

 

でも、1km7分以上とか5分以上がどれくらいのペースなのか、初心者にはちょっとわかりにくいですよね? そんなときは、心拍数で判断するといいそうです。

 

ジョギングの場合は120~130前後、ランニングの場合は140以上の心拍数になるペースで走るのが基本です。心拍数を知りたいなら、心拍数をモニタリングできるスマホアプリを使ったり、ランニングウォッチを取り入れるといいですね。

 

心拍数を計らない場合のおおまかな目安として、ジョギングは「会話をしながら走れるペース」と考えるといいそうです。

 

ジョギングとランニングの区別は、何となく理解できました。では、ダイエットに向いているのはどちらなのでしょうか? 

 

ダイエットには、ゆっくり走るジョギングの方が向いているのだそうです。なぜなら、ジョギングは、ランニングに比べると負荷が少ないため消費カロリー自体は少なくなりますが、その反面、有酸素運動の割合が高くなるので、効率よく脂肪を燃焼できるからです。

 

初心者が速いぺースで走り続けると、それに必要な筋肉が伴っていないため、膝痛などの故障の原因になり、長続きしない場合があります。ダイエットには日々コツコツと運動を継続することが大切。その点からもジョギングの方がおすすめなのだそうです。

 

では、どれくらいの距離を走ればいいのでしょうか?  毎日走る方が効果があるのかな?

 

最初は、無理をしないように心掛けながら3kmくらいから始めるのがいいそう。週に3日の頻度で走ると、有酸素運動の効果が期待できるといわれています。週に1回60分走るよりも、週に3回20分ずつ走る方がおすすめなのだとか。

 

週に3回で20分のジョギングなら、ワタシにもできそう! 無理せずにゆったりとしたペースで始めてみようと思います。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:ランニングッド

   RUNNAL

   RUNNAL

 

ランニングウェア、買っちゃおうっと♪
ランニングウェア、買っちゃおうっと♪

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ