公開日:2020/11/18

0

素朴な疑問

2020年のボジョレーヌーボー解禁日は?

 

2020年のボジョレーヌーボー解禁日は?
2020年のボジョレーヌーボー解禁日は?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

今年もやってきました、この季節! 毎年11月になると、ボジョレーヌーボー解禁日が待ち遠しくてソワソワしてしまいます。2020年の解禁日は11月19日。近所の酒屋さんでボジョレーヌーボーを予約して、この日に合わせておいしいおつまみも取り寄せられるよう手配済み。我が家の「ボジョレーヌーボー・パーティー」は準備万端です。

 

でも、なぜ解禁日を設けているのかしら。よく知らないままこれまで飲んでいましたが、今さら人には聞きづらいので、解禁日に向けてボジョレーヌーボーについてきちんと調べてみることにしました。

 

ボジョレーヌーボーとはどんなワイン?どうして解禁日があるの?

 

ボジョレーヌーボーとはどんなワイン?どうして解禁日があるの?

 

「ボジョレー」とは、フランス・ブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区のこと。「ヌーボー」はフランス語で「新しい」の意味で、ボジョレー地区でその年に収穫されたブドウを使ったフレッシュな新酒を、ボジョレーヌーボーと呼びます。

 

フランスの赤ワインは、収穫、発酵、醸造を経て翌年以降に飲まれますが、ボジョレーヌーボーは、9月の収穫から2か月ほどで発売されます。ボジョレー地区では渋みの少ない黒ブドウのガメイ種から作られる赤ワインがほとんどで、ボジョレーヌーボーは赤かロゼに限定され、白ワインは認められていないんですって。

 

解禁日は、フランスの法律で毎年「11月の第3木曜日午前0時」と決められています。解禁日は、早出し競争による品質低下を防ぐために設けられたのだそう。もともとは11月11日、その後11月15日と定められていたのですが、この日が土日に当たると、ワインの運搬業者がお休みとなってしまうため、1985年から11月の第3木曜となったそうです。

 

ちなみに、日本は日付変更線の関係から本場フランスより早くボジョレーヌーボーを楽しむことができるんですよ!

 

ボジョレーヌーボーはなぜ人気?

 

ボジョレーヌーボーはなぜ人気?

 

今のようにボジョレーヌーボーが世界に知られるようになったのは、フランス人醸造家・ジョルジュ・デュブッフ氏が1967年に解禁日を祝うイベントを仕掛けたことがきっかけなのだそうです。

 

では、なぜ日本でボジョレーヌーボーはこれほど人気なのでしょう。理由は主に2つあるようです。

 

まず1つ目は、飲みやすさ。ガメイ種は他のブドウより短期間で程よく育ち、フレッシュでおいしいワインを作るのに適しているといわれています。このガメイ種を生かすため、ボジョレー地区では普通のワインのように発酵前にブドウを破砕せず、収穫したブドウを房ごとタンクに入れて発酵させる「マセラシオン・カルボニック醸造法」という特別な製法でワインが作られています。ブドウの重さでブドウがつぶれ、果汁が流れ出て自然に発酵が始まることで、渋みが少なくフルーティーで口当たりの軽いワインになるんですって。

 

2つ目は、日本人が「初物好き」だから。日本では毎年ボジョレー解禁がニュースになるほど騒がれますが、実は本場フランスでは日本ほど騒がれないんですって。日本人は昔から、魚や野菜、日本酒など初物を好む性格ということもあって、ワインの初物である「ボジョレー解禁」が注目されるようになったようです。

 

ボジョレーヌーボーのおいしい飲み方

一般的に赤ワインは冷やすと渋みが強く出てしまうため常温で飲むのですが、ボジョレーヌーボーは「タンニン」という渋み成分が少ないので、少し冷やした10~13℃くらいが最もおいしく飲める温度。フレッシュさを楽しむワインなので、購入後はなるべく早く飲むのがおすすめ。開栓後は冷蔵庫に入れて数日以内に飲み切るといいそうです。

 

ボジョレーヌーボーに合う料理やおつまみも気になるところ。ワインメーカーによると、豊かな果実味と柔らかな酸味があるので、チーズやトマト料理といったワインのお供の定番以外にも、肉じゃが、焼き鳥といった甘辛い味付けの料理にもよく合うんですって。

 

バッチリ予習できたので、あとは解禁日を待つのみ。ボジョレーヌーボーは普通の赤ワインに比べてアルコール度数が低めで飲みやすいから、飲み過ぎないように気をつけなくっちゃ。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:アサヒビール株式会社

   サントリーホールディングス株式会社

   All About

   エキサイトニュース

 

ボジョレー解禁は今や日本の秋の風物詩です♪
ボジョレー解禁は今や日本の秋の風物詩です♪

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ