公開日:2020/03/16

更新日:2020/10/04

7

素朴な疑問

余ったビールで料理をおいしくする方法とは?

余ったビールで料理をおいしくする方法とは?
余ったビールで料理をおいしくする方法

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。
 

みなさんは、お酒をどのくらいたしなみますか? ワタシも若い頃はよく飲みに行ったものですが、年とともにアルコールに弱くなってきてしまいました。特につらくなったのがビール。昔は「この1杯のために今日の仕事をがんばったんだわ!」なんて充実感を感じていたのに、今では乾杯の1杯も飲み切れず。ビールを残すのって、なんだか悔しい……。
 

先日も友人宅で夕食にお呼ばれしたときにビールを残してしまい、ションボリしていると「あら、気にすることないわよ。料理に使えばいいんだから」と友人がひと言。え、ビールって料理に使えるの!? これは調べてみるしかない! と早速インターネットで検索してみると、出てくるわ出てくるわ、ビールを使ったレシピの数々が。
 

もともとヨーロッパではお酒は調味料の定番。考えてみればワインは赤も白も料理に使いますし、ブランデーはお菓子作りに欠かせませんよね。同じようにビールも調味料として利用されていて、特にアイルランドやベルギーなどビールの名産地では古くから煮込み料理に使われていたんだとか。
 

ビール造りに欠かせないビール酵母には、アミノ酸が含まれていて栄養たっぷり。ビールを料理に使うと、深いコクやうま味がプラスされておいしくなります。また、ビールのアルコール成分や炭酸が肉の繊維を軟らかくして、保水力をアップさせる働きがあるそうです。他にも、フリットの衣にビールを加えると、炭酸の気泡が衣に多くの空洞を作り、揚げるときに空気がよく通るため、衣がサクサクになるんですって。 
 

これは使わない手はないわね! 手始めに、ビール料理の定番「ビール煮」からトライしてみましょうか。牛肉600gに塩こしょうをして、小麦粉を軽く振ってから鍋で表面を焼きます。切った玉ねぎを加えて水1カップ、ビール350ml、固形ブイヨン1個を加え、弱火でじっくり煮込めば出来上がり。ベルギーで「カルボナード」と呼ばれる郷土料理で、牛肉がホロホロと軟らかくて感動的!
 

ビール煮は豚肉や鶏肉でもおいしくしてくれるし、ミートボールを煮てもふっくら。煮込むことでビールのアルコール成分が飛んでしまうので、お子さんでも大丈夫ですよ♪ 
 

また、天ぷらの衣を作るときに、水3:ビール1の割合で混ぜるとサクサクの食感に。カレーに加えるとビール独特の苦味が加わって、大人の味わいに。さらに、黒ビールを炊き込みご飯やチャーハンに使うと、醤油なしでも深い味わいが出るそうですよ。
 

余らせても料理に使えると思えば怖いものなし。今夜は心置きなくビールで乾杯しようっと! ちなみにビールが無いときは、安い発泡酒でも代用できるそう。ぜひ試してみて!
 
 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:NAVER まとめ

   CAMP HACK

   オリーブオイルをひとまわし

   アサヒグループホールディングス株式会社

   アサヒパーク

 

ちなみにビールが無いときは、安い発泡酒でも代用できるそう。ぜひ試してみて!

むしろビールを余らせてお料理に使いたくなってきたわ♪

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ