公開日:2020/12/08

更新日:2021/03/06

0

素朴な疑問

コロナ禍で人気のホームプロジェクターってどんな物 

 

ホームプロジェクターが人気って本当?
コロナ禍で人気のホームプロジェクターってどんな物?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

家電量販店に行ったら、ホームプロジェクターが人気でした。店員さんによると、コロナ禍でおうち時間が増えたことが関係しているのだそう。家庭で使うプロジェクターってどんなものなのかしら? うちでも使えるのかしら? 気になるので、調べてみることにしました!

 

ホームプロジェクターの楽しみ方 


現在は、さまざまなタイプの家庭用プロジェクターが発売されていますので、自分に合った使い方ができるプロジェクターを選んで、楽しむことができます。
 

据え置いて使う

最も一般的なのが、置いて使うタイプのプロジェクターです。価格は試しやすい1万円くらいのものから、10万円以上のものまであります。価格によって、画質、音質や音の臨場感、画像の歪み補正、さまざまなアプリケーションの対応能力、デザイン性などが違ってきます

購入の際は、家庭用のホームプロジェクターを選ぶことが大切です。画面比率は、テレビやDVDで採用されているのと同じ「16:9」を選びましょう。

置き場所や、どこに映すかもあらかじめ検討する必要がありそう。本棚やワゴンなど、部屋のサイズや状態に合ったところに置くと使い勝手がよいです。

ホームプロジェクターの映像はフラットな場所(壁など)に映しますが、なければスクリーンに映します。購入する前に、壁・カーテン・天井など、自宅の環境を確認しましょう。できるだけ凸凹のないフラットな場所が望ましいです。また、プロジェクターの設置場所から投写する場所までの距離によって機種選びも変わるので、購入する前に測っておきましょう。

動画の視聴だけでなく、家族や友人とゲームをプレーしたいのであれば、機器を接続する入力端子の数もチェックしておくといいようです。

 

壁や天井に設置して使う

照明一体型のプロジェクターなら、プロジェクターの設置場所に悩んだり、いつもプロジェクターを出してこなくてもいいので、楽です。

しかし、照明一体型はやや高価。もう少しリーズナブルなものでいいという方は、コンパクトなプロジェクターを天井に設置するという方法があります。賃貸の住居の場合、強度の高いつっぱり棒を使えば、壁に穴をあけなくても済みますし、スクリーン代わりにする自宅の壁とプロジェクターの距離を考慮し、都合のいい所に設置することが可能です。

 

持ち歩いて使う

コロナ禍でキャンプ人気が高まったことから、アウトドアでも楽しむことができる「モバイルプロジェクター」を購入する人が増えているそうです。アウトドアで、その日に撮った映像や、あらかじめダウンロードしておいた映画やドラマをプロジェクターで見ると、自宅とは違った素敵な思い出になりそうですね。

 

 

ホームプロジェクターの種類と価格

手頃な価格のものから、よさそうなものをピックアップしました。

ACHICOO
ミニプロジェクター UB10

価格:1万円前後
据え置き型
リーズナブルな価格ですが、USB・SDカード・HDMI・AV・VGAの入力端子を備えており、周辺機器との互換性が高いのが特徴。スピーカーは2基内蔵、上下15度の台形補正が行えます。冷却ファンの音は比較的静かで、雑音の抑制にも優れています。

 

FunLogy
小型プロジェクター FUN PLAY2

価格:2万円前後
据え置き型
接続・操作ともにシンプルで、初心者でも使いやすい小型プロジェクター。輝度3300ルーメンの明るさと高コントラストで、映像を鮮明に映し出します。自動台形補正(投写時に台形にゆがんでしまった画面を正しい長方形になるよう補正する機能)が搭載されています。

 

Anker 
Android搭載小型モバイルプロジェクター Nebula Capsul 

価格:6万円前後
モバイル型
Googleアシスタント、Netflix、YouTubeといった多様なアプリケーションが利用できます。Wi-FiやBluetooth、Chromecastによるワイヤレス接続にも対応しています。動画は約2.5時間 (Wi-Fi利用時) 、音楽は約10時間の連続再生が可能。

 

popIn Aladdin 
ライト一体型プロジェクター PA18U02VN

価格:10万円前後
天井・壁設置型
6段階、6種類の光を選べるシーリングライトと、プロジェクターが一つになっています。家庭用の引っ掛けシーリングのある天井なら、工事なしで簡単に取り付けられます。スマホやリモコンによる音声操作も可能です。

 

LG
4K HDR対応レーザープロジェクター HU80KS

価格:20~22万円前後
据え置き型
光源はレーザー方式、輝度は2500ルーメン、コントラストが150000:1、ハイスペックな4Kプロジェクターです。上部のふたを開けると投影レンズが出てくるスマートなデザインも魅力。

 

値段も機能もさまざまなホームプロジェクター、じっくり家族で相談して、購入を検討してみようと思います。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:mybest

   AppBank Store

   コレアッテ

 

おうち時間が、ますます充実しそうな予感。
ホームプロジェクターで韓流ドラマを大画面で観たいわぁ。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ