公開日:2018/10/15

15

素朴な疑問

なぜ夜に爪を切ってはいけない?由来にはいろんな説が

なぜ、夜つめを切っちゃいけないの?

 

「夜につめを切っちゃダメ。親の死に目に会えないから」なんて聞いたことないですか?

 

子供の頃は信じて、夜につめを切らないようにしていたんですが、いつの間にかそんなことは忘れていました。子供の頃は、親が世界のすべてだと信じて疑ってなかったので、親が死ぬということが嫌だったし、死に目に会えないなんてもっと嫌だ! と強く思っていましたから……。(もちろん今でも!)

 

しかし、なぜ夜につめを切ってはいけないんでしょう? 気になったので調べてみました。すると夜につめを切ってはいけないいろんな意味があったのです。

 

まず、戦国時代の「世詰め」説があること。世詰めは「命詰める」すなわち「短命」になるということです。この「世詰め」と「夜爪」ということを引っかけて、親よりも先に死んでしまうから(世詰め)夜につめを切ると親の死に目に会えない。ということみたい。(ヒー!思ってたのと違うー)

 

縁起でもないけど、できるものなら避けたい理由のひとつですね。

 

それから、昔の夜は油火やろうそくを灯すしか明かりがなかったうえ、つめを切るにも小刀しかなかったのでよく見えず、つめどころか指までザックリ切ってしまうことがあるため。つまり、明るいうちにつめを切っておくことを促した、という説もあります。

 

「つめには気が宿る」という説もあります。からだの末端であるつめや髪というのは昔から特別な意味があります。赤ちゃんでもはじめて切った産毛や、切ったつめを置いておいて成長の証として大切に取っていた風習が今も残っています。胎毛筆、流行りましたよね!

 

でも忙しく毎日を過ごしていると、朝も昼も時間がない。となるとゆっくり落ち着いてつめを切るなんて、夜くらいしか時間が取れません。それどころか、あわただしい朝につめを切ると、かえって危ないような気さえします。

 

というわけで、信じるか信じないかは自由ですが、ワタシは「古い言い伝えのひとつ」ってことであまり気にしないことにしちゃいました。

 

ただ、老眼がすすんで手元が見えにくくなってきているから、ワタシたちの年代こそ、つめのお手入れは明るい時間帯の方がいいのかもしれませんね。(お友だちがしてるジェルネイルなんてのも興味あるわ〜♪)

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

よく深づめして後悔する(涙)
よく深づめして後悔する(涙)

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ